話題

卒業式のコサージュはダサいし時代おくれなの?代わりになるものはある?

学生のお子さんが(幼稚園から大学生まで)いらしゃる方は、入学式、卒業式、習い事の発表会などなど、フォーマルな服装で出席しなければならない機会が多いですよね。

その際、ほとんどのお母さんが胸に飾っている「コサージュ」ってありますよね。

これがつけるコサージュによっては「ダサくて」「時代おくれ」に見えてしまいがち。

おしゃれに敏感な人は「できれば付けたくない」と思っている方もいるのではないでしょうか?

「付けないとマナー違反なの?」

「コサージュなしは華やかさが足りない気もする・・・。」

「何か代わりになるものはないの?」

という疑問、お悩みにお答えしたいと思います。

今後卒業式などのイベントを控えている方の参考になればと思います。

卒業式にコサージュはダサイの?

みなさん、コサージュと言ったらどんなものを思い浮かべますか?

女性の口コミ
女性の口コミ
安っぽい生地で作られた、見るからに造花という感じ

女性の口コミ
女性の口コミ
色もなんかパッとしない。地味でおばさん臭い・・

 

確かに・・・。

一世代前の「母親」や「祖母」のタンスに眠っているようなコサージュってそんなイメージかもしれません。

卒業式にコサージュは時代おくれ?

それでは卒業式などにコサージュをつける事自体、時代おくれなのでしょうか?

最近のコサージュ事情について調べてみました。

コサージュ(Corsage)とは?

コサージュとは、女性がドレスや衣服につける花飾りのことで、フランス語が語源です。

昔のフランスにおいて「コサージュ」はお祝いの場でご婦人が身につけるものでした。

その習慣が、現代の日本にも「お祝い事の場でコサージュをつける」という習慣として残っているようです。

イマドキのコサージュはおしゃれな物もある?

付けたくないとは思いつつも、周りの空気を読むとつけざるを得ないこともあると思います。

母親や祖母のタンスに眠っているお下がりのコサージュは置いといて、

最新のコサージュはどんなデザインのものがあるのでしょうか?

まずは検索窓に「コサージュ おしゃれ」と検索をかけてみると

めちゃくちゃたくさんのコサージュが出てきます!

やはりイマドキのコサージュは作りも繊細で、まるで本物のお花ようなものや

時代に合わせた派手すきず小ぶりでシックなものまであるようです。

 

これならイイかも!最近のおしゃれコサージュの紹介

検索して出てきたコサージュの中で私が「これならつけてもいいなぁ」と思ったものをご紹介します♪

引用: creema

ゴールドと落ち着いたブルーの組み合わせがおしゃれなコサージュ。

スーツが抑え目の色味なら、こういった華やかな色味のものもいいかもしれません。

 

 

淡い黄色と上品な白のコサージュ。黒いスーツだとぱっと見お葬式カラーになりがちなので注意が必要ですが、ネイビーやブラウン系のスーツならカッコよく上品になれそうですね。

可愛らしい黄色の花と白い花の小さいブーケ風のコサージュ。

黒いスーツに合わせても良いアクセントになってくれそうです。

引用: ZOZO TOWN

 

ネイビーのサテンとパールのあしらいがとてもシックで上品なイメージですね。

少し年齢を重ねてくるとこういった落ち着いたデザインのコサージュが素敵かもしれません。

コサージュは時代おくれなイメージもありましたが、

イマドキのコサージュは多種多様でそれぞれの好みにあったコサージュがたくさんありますね。

これだけ商品が世の中に出回っているということは、コサージュをつけること自体、

「時代おくれ」というわけではないです!!

幼稚園の卒園、小・中・高校の卒業式にコサージュはあり?

幼稚園の卒園式、小学校、中学校、高校の卒園式でのコサージュはどの場面においても「あり」です。

お祝いの意味を持つコサージュ。

せっかくつけるコサージュなら、おしゃれに決めたいところですよね!

コサージュを選ぶときは、まずどんなスーツに合わせるかということを考えると思います。

卒園・卒業式で最低限守りたい服装のマナー

・服装の色はダークカラー

・ジャケットの着用

・ストッキングはベージュカラー

¥ブラックのパンプス

入学式と違って、卒業式は「旅立ち」や「別れ」といった意味合いを持ちますので、服装の色も落ち着いた色を選ぶのが、場の雰囲気を乱さず無難なのだそう。

薄いベージュ系でもNGではないですが、できるだけ落ち着いた雰囲気にするのが良いみたいです。

どの学年においても、ダークカラーもしくは落ち着いた雰囲気の服装が求められるようです。

となると、コサージュ選びも「キラキラ」や「フリル多め」を避けて落ち着いた雰囲気のものを選べば、TPOにあったおしゃれなコーディネートになりますよね。

 

コサージュの代わりになるものは?

それでもコサージュはあんまり好きじゃないのよね・・・

という方に、コサージュの代わりになるものはあるのか調べてみました。

コサージュの代わりになるもの ① ブローチ

まずは、コサージュの代わりに胸元につけるとしたら、ブローチが思い浮かびますね。

ブローチだとコサージュよりも小ぶりでデザインの幅が広いので、おしゃれに敏感な方にもお気に入りのものが見つかりやすいのではないでしょうか?

コサージュの代わりとしてブローチを選ぶなら、やはり「お花のモチーフ」や「パールのあしらい」のあるものが、式典の雰囲気やフォーマルな服装にも合うかともいます。

 

 

コサージュの代わりになるもの ② ピアスとネックレス

胸元に何もつけないなら、耳元・首元を華やかにするのはどうでしょうか?

やはり、胸元に何もないと少し華やかさに欠ける気もします。

その分ピアスに華やかさをプラスすれば、コサージュなしでも補えるのではないでしょうか?

ピアスは少し大きめもしくは垂れ下がるタイプのピアスがおすすめです。

ここでも「パール」や「花のモチーフ」のものがいいかもしれませんね。

ピアスとネックレスがセットになったものなどがバランスが良くて、おしゃれに見せてくれる気がします。

 

 

コサージュはそもそも必要なの?

ここまで読んでもらえると、コサージュは必ずしも必要ではないということがお分かりいただけると思います。

服装マナーでもコサージュは必須ではありません。

いろいろ調べていると、つけない派のお母さんも多いみたいです。

コサージュの代わりに、ブローチでもいいしアクセサリーで補うのもありなんです。

昔からの風習で付けなきゃいけないのかな?と思いがちですが、そんなこともないようですね♪

せっかくのお子さんの卒園・卒業式なので、おしゃれなコサージュを探すも良し、時代を選ばないパールのピアスとネックレスのセットアップを買うのでも問題ありません。

どちらがいいということはなく、ここは個人の好みの問題も出てきます。

大事なのは気持ちですので、最低限のマナーだけ守って是非、おしゃれを楽しんでもらえたらと思います。

まとめ

コサージュのイメージって、ちょっと昔っぽい、古いなんて考えもあるようですが、実際はそんなことないですよ。

卒業式や入学式、入園式など、コサージュをされているお母さんはたくさんいました。

私自信は、アクセサリーを普段から付けないので地味な感じで行ったら、アクセサリーやコサージュを付けているママは素敵でした(^^)

やっぱり付けた方が良かったなと思ったので、コサージュはおすすめですよ。