スポーツ

小祝さくらは韓国人?弟や母親はスナックママで美人でかわいい!

女子プロゴルファーで黄金世代の小祝さくら選手が注目されています。ゴルフの実力はもちろん天然な性格もとてもかわいいです。

しかし小祝さくら選手は韓国人?と思われいる人も多いようです。父親や母親は韓国人なんでしょうか?

また母親はスナックのママで超美人でかわいお母さんのようです。どんなお母さんなのか気になりますよね。

小祝さくら選手は韓国人なのか、父親や母親、家族について調査しました。

小祝さくらは韓国人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

小祝さくら/ Sakura Koiwai(@sakura_koiwai_official)がシェアした投稿


小祝さくらさんは、かわいい見た目から韓国人風だと勘違いされてしまう人もいるようです。

しかし小祝さくらさんは、日本国籍の日本人ですし両親2人とも日本人の方でした。

韓国の女子プロゴルファーも人気なので、小祝さくらさんも韓国人と間違えられていたようです。

小祝さくらの家族構成は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

小祝さくら/ Sakura Koiwai(@sakura_koiwai_official)がシェアした投稿

小祝さくらさんは家族構成ですが、母親の小祝ひとみさんと、8歳年下の小祝歩夢さんと3人暮らしです。

小祝さくらさんの家庭はシングルマザーだったのです。さくらさんが小学生の時に両親が離婚してしまい、その後お母さんがさくら選手と弟の歩夢さんを育てきました。

離婚理由については明らかになっていませんが、小祝さくらさんのお母さんひとみさんは若くして結婚しているので、すれ違いなども多かったのかもしれません。

お母さんのひとみさんは17歳の時に結婚されました。17歳だとまだ高校生ですよね。この年代での結婚となると妊娠したことによる結婚だったのかもしれません。

父親はこの時25歳でした。

小祝さくらの父親は誰?

小祝さくらさんの離婚してしまった父親はどんな人だったのか調べてみましたが、詳細はわかりませんでした。

小祝さくらさんが小学生の頃に両親が離婚しているので、父親のことも覚えているのではないでしょうか。

小祝さくらの母親はスナックのママで美人?

 

この投稿をInstagramで見る

 

小祝さくら/ Sakura Koiwai(@sakura_koiwai_official)がシェアした投稿


小祝さくらさんのお母さんのひとみさんが17歳で結婚していることから、若くて美人なお母さんなんです。

中学卒業後は高校に行かずに働くようになったひとみさん。仕事は何でも挑戦して、建築関係の仕事や保険のセールスもやっていました。

そのうちスナックの仕事も始めて、最初は雇われママだったのか自分で店を持ちたいと思うようになり自分の店もオープンさせたんです。

母小祝ひとみさんの画像はこちら

小祝ひとみさんの画像①

小祝ひとみさんの画像②

母ひとみさんは、18歳の時にひとみさんを出産しました。出産後も積極的に外に働きに出ていたそうです。

しかし離婚後は子供二人を引き取りシングルマザーとして子育てと仕事に奮闘してきました。女手一つで子供二人と生活費を稼ぐのはかなり大変です。

母ひとみさんも仕事を掛け持ちしたりして、とにかく一生懸命にやってきました。そして、小祝さくらさんの出身地北海道札幌市内でスナックの経営をされているんです。

離婚してからは家系も苦しくなり、ひとみさんは昼間はパートに出て夜はスナックに出勤するなど、睡眠時間を削って仕事をしていました。

小祝さくらさんのゴルフの練習代や遠征費用などもバカになりませんからね。

小祝さくらさんも家庭を助けるために高校生からゴルフの練習後と自分もバイトに行って家にお金を入れていたんです。本当に苦労されていますが泣き言は一切言っていません。

またゴルフ道具も新品は高すぎて買えないので中古品の安いクラブを使っていたんです。それでも小祝さくらさんは大会で優勝するなど、お母さんのためにも頑張っていたんですね。

お母さんの支えや頑張りを見ていた小祝さくらさん。絶対プロゴルファーになってお母さんを楽にしてあげたい、恩返しするのが目標でした。

本当にいい子で泣けるエピソードですよね。

きっと小祝さくらさんは精神的に強くてハングリー精神があるんでしょうね。

小祝さくらの母ひとみのスナックの場所はどこ?

母ひとみさんが経営しているスナックは地元北海道札幌市から車で20分程の場所にあるsnack tiara(ティアラ)です。

母ひとみさんは経営者ですが、ここに来るのは年に数回程度なんだそうです。小祝家3人は今千葉県に移住し、千葉県の船橋市で生活をしているんです。

さくらさんがより、ゴルフの練習に時間を費やせるように、またいいコーチに師事して上手くなりたいということから、千葉県に引っ越しました、

千葉県船橋市には上田桃子さんのコーチもしている辻村明志さんの練習場があり、小祝家の3人も練習場の近くに自宅を借りて住んでいるんです。

そのため北海道に帰るのは、年に数回で自信のお店にも中々顔がだせない状態に。しかしスナックティアラは、母ひとみさんの妹がママとして変わりにオープンしています。

小祝さくらの弟の画像は?

小祝さくらさんには8歳年下の弟歩夢さんがいます。歩夢さんは今、14歳で中学2年生です。

8歳も離れているので、お母さんが仕事で遅くまで帰ってこないときは、さくらさんがお母さん変わりになって、弟さんの面倒をよく見ていたそうです。

弟の歩夢さんの画像を探してみましたが、ありませんでした。

お姉ちゃんがプロゴルファーになって大活躍しているので、自慢のお姉ちゃんですよね。

弟の歩夢さんは、姉の影響からゴルフをやっていたこもありますが、どうやらゴルフではなくて、プロレスラーになるのが夢で、レスリング教室に通われています。

小祝家は全員プロレスファンなんだそうです。北海道でプロレスの試合があると家族で観戦にも行くそうです。

小祝さくらがゴルフを始めたきっかけは母

 

この投稿をInstagramで見る

 

小祝さくら/ Sakura Koiwai(@sakura_koiwai_official)がシェアした投稿


さくらさんがゴルフを始めたのは小学生の時です。離婚後仕事で忙しい母ひとみさんでしたが、ゴルフが好きでゴルフレッスンを受けていました。

ゴルフは好きだけど、特に詳しくはなく素人ということです。しかし趣味の一環としてゴルフをやっていました。

ストレス発散に打ちっ放しに行く大人って結構いますかね。ひとみさんも、日々のストレスや疲れを発散させるためにゴルフの練習に通っていたのかなと思います。

さくらさんは、そのお母さんのゴルフレッスンにいつも一緒について行っていたのです。

その理由は、お母さんと一緒にいたいからという理由でした。仕事が忙しくてきっと親子の時間も少なかったんですね。

ゴルフのレッスンはお母さんの息抜きで、普段一緒にいれない分、お母さんの傍にいるだけでもさくらさんは嬉しかったんです。

お母さんのゴルフレッスンについて行くうちに、さくらさんもゴルフに興味を持ちあるときから、さくらさんもゴルフをやることになっていました。

そして小学4年生でゴルフを始めて、小学6年生の時は北海道大会で優勝するレベルにまで成長されていたんです。

中学生になると、将来はプロゴルファーになって私が家計を支えたいという熱い気持ちが芽生えてきたのです。

小祝さくらの性格は?心が強い!

小祝さくらさんは、やはり子供時代に苦労したこともあり、一般的な家庭で育った人とはやはり芯の強さが違います。

小祝さくらさんの以前のコーチをしていた澤村英樹さんは、さくらんさんについて、

「普通のゴルファーとは違うメンタルを持っている子」

と話していました。目の前にある目標に向かってとにかく練習を繰り返して、一つずつ確実に階段を上がってきたのが小祝さくらさん。

この強靭なメンタルは、中学生の頃からありました。

小祝さくらさんが小学6年生でゴルフ北海道大会を優勝し、プロゴルファーになろうと決意するのですが、「自分がプロになって賞金を稼いで一家の大黒柱にならないといけない」と中学生で一家を支える決意をしているんです。

家族を支えるというのが、さくらさんの夢であり目標だったので、その目標を達成させるために絶対成し遂げるという強い心をずっと持っていた女の子が小祝さくらさんです。

この強い芯が通った性格は、ゴルフの試合でも活かされていますよね!

小祝さくらさんは自分のため、そして家族、お母さんや弟さん、そして北海道から応援してくれている祖父母のためにもやってやるぞ!!という強い気持ちで勝負しているんですね!

今回は小祝さくらさんについてご紹介しました!

本当さくらちゃんは応援したくなる女子プロゴルファーです。見た目からしても、性格も良さそうでフワフワした感じもいいですよね!

これからも小祝さくらさんを応援していきましょう。