WANDS

上原大史WANDSの経歴がやばい?過去や前のバンドも徹底調査!

WANDS第5期ボーカルの上原大史さん。

見た目も服装もイケメンのオーラが出ています。

イケメンなのは顔だけでなく歌い方や声量もすごいのです。

WANDSの新ボーカルに選ばれたわけですが、上原大史さんの詳しい経歴は伏せられたまま。

一上原大史さんとはどんな経歴の持ち主なのか前バンドも含め上原大史さんの過去も徹底調査しました1

上原大史WANDSのプロフィールを簡単に紹介

WANDS新ボーカルの上原大史さんの経歴を見る前に、年齢など簡単なプロフィールをご紹介します。

プロフィール

上原大史

本名:今の所不明 上原大史が本名説も浮上している

出身地:福岡県北九州市

生年月日:1987年8月20日生まれ

年齢:33歳(2021年で34歳)

結婚の有無:独身

身長:160㎝~165㎝の間くらい

家族構成:父・母・兄 ・上原大史さんの4人家族

最終学歴:芸術系の短大中退

2019年にWANDSが再始動した時は上原大史って何者なんだ?と謎が多かったのですが最近はその素顔も少しずつ分かってきています。

しかしながらまだまだ謎が多い上原大史さんですが、実は違うバンドも掛け持ちされていてすごい方だったのです。

上原大史は真天地開闢集団ジグザグのボーカル命

WANDSの第5期新ボーカルとして紹介された時は、この事実はほんの一部のファンしか知りませんでした。

上原大史さんは、-真天地開闢集団-(しんてんちかいびゃくしゅうだん)ジグザグの命様です。

上原大史さんや命様自信が公に証言しているわけではありませんが、命様のお友達が上原大史さんという風に紹介されています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジグザグ 命(@zigzag.mikoto)がシェアした投稿


上原大史さんとしてお披露目となった2019年の11月に命様はインスタにこんな投稿をされています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジグザグ 命(@zigzag.mikoto)がシェアした投稿

#の所を見ると

私は上原大史ではなくて命だと書いてあります。

このインスタグラムは、2019年11月14日に投稿されています。ちょうどWANDS第5期が世間にお披露目された日ではないでしょうか?

当時からジグザグファンの間では、上原大史さんは命様であることが分かっていました。

WANDSとジグザグでは音楽のジャンルが違うので、本当に同一人物なの?と疑いたくなりますよね!

上原大史さんは元々ずっとビジュアル系バンドをやっていましたので本来はV系が一番好きな音楽スタイルなんだと思います。

WANDSの上原大史さんを見ているとすごいクールな人に見えますが、本性は隠されていますね。

WANDSの上原大史さんも、もっと本来の姿を見せてほしいなと思います。

WANDSからジグザグ命様を知った人は、結構衝撃的な姿が多いですよね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジグザグ 命(@zigzag.mikoto)がシェアした投稿


ジグザグファンからすると上原大史さんは、命様の素顔が見れてそれもやっぱり最高ですね!

上原大史さんにとっても自分が作り上げてきたバンド「ジグザグ」は大切な存在です。

なのでWANDSの新ボーカルに選ばれた時も引き受けるか相当迷われたそうです。

でもこんなビッグチャンスを掴みにいかないのはダメだと思い、WANDSの新ボーカルを引き受けました。

WANDSのボーカル上原大史の時は、バンドのイメージもあり、本来の姿を押さている雰囲気がありますが、ジグザグ命様のように全てを開放して歌ってほしいなと思います。

上原大史の過去や昔はV系バンドのボーカルだった

上原大史さん=ジグザグ命様でここからは話しています。

上原大史さんはジグザグの前にもいくつかバンドを組んできました。

有名なのが

①Ray℃

②オトイロハ

です。

どちらもビジュアル系バンドで、上原大史さんがボーカルをしていたグループです。

他にもバンド経験はあるかもしれませんが、一般的に知られているのがこの二つのバンドです。

上原大史のRay℃時代

Ray℃の活動期間は2012年~2014年7月8日までです。

Ray℃は4人組の男性V系バンドで

上原大史さんはボーカルの大空→愛玖(アイク)という名前で活動していました。

v系バンドなのでメイクもガッツリしていることもあり、上原大史さんなの??と疑いたくなる映像です。

この頃の上原大史さんもまだ若いですよね。

2012年頃から活動しているバンドなので、23~24歳くらいの頃の上原大史さんになります。

上原大史のオトイロハ時代

センターにいるのが上原大史さんこと愛玖さん。

オトイロハのボーカル佐々木愛玖名義で活動。

WANDSボーカルの上原大史さんの面影がないですよね。

歌い方も今と全然違って軽いタッチの声で、声量もそこまでありません。

キラキラ系だったのでその路線に合わせての歌い方や演出をされていますが、今の上原大史さんの声を聞くとかなり歌が上手くなっています。

オトイロハもV系バンドでしたが路線はキラキラ系でした。

オトイロハは2014年~2015年頃まで活動

上原大史さんが佐々木愛玖名義で活動していたオトイロハが解散となった理由はキラキラ系をやっているうちに何か違うと感じるようになったそうです。

その後辿り着いたのが「ジグザグ」でした。

上原大史さんはジグザグのボーカル命様として2016年~本格的に活動を始めています。

上原大史さんのお友達の命様が歌う紅蓮華がとてもカッコイイので是非!

そして2021年で結成5年目の節目を迎えており、2021年は上原大史さんのお友達であある命様にとっても特別な1年になることでしょう。

上原大史はギターも弾けて上手い!

WANDSボーカル上原大史さん、WANDSではボーカルに集中されていますが実はギターもとても上手いのです!

WANDSでは柴崎さんがギターをやっているので、上原大史さんがギターを持って登場することはありませんが、曲も作っていますよね!

命様の時は、ギターボーカルをやっているので、ギターもとてもお上手です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

ジグザグ 命(@zigzag.mikoto)がシェアした投稿

WANDSでは、「アイリメンバーU」の作詞作曲上原大史さんです。

上原大史さんが作った曲は、ポップな感じでまたWANDSの曲らしくないのがまたいいですよね!

WANDSだとやっぱりまだ遠慮してしまうことがあると思いますが、もっと本来の上原大史さんの姿を見せてほしいですしファンもお待ちしております。

上原大史のバンド経歴まとめ

上原大史さんのこれまでのバンドの歩みをまとめました。

上原大史さんは20歳の頃に地元北九州市を離れて上京しバンドメンバーを探してV系バンドをスタート。

これまでの上原大史さんを振り返っても、ずっと路線ばV系だったと予想できます。

2012年頃~2014年7月までRay℃

2014年~2015年まで オトイロハ

2015年~現在 ジグザグ

2019年~WANDSのボーカル上原大史として活動

いつかはきっと音楽でヒットさせて食べていこうと思って諦めずに続けてきた結果、上原大史としてWANDS第5期のボーカルにも選ばれました。

歴史あるバンドのボーカルになるというのは、上原大史さんにとってもかなり重圧で胃がキリキリしていたこともあったそうですよ。

上原大史さんがWANDSボーカルになってくれて、WANDSも復活して個人的にも嬉しいです!