ゴルフ

渋野日向子の自宅住所はどこ?実家は豪邸の噂は本当か調査!

今日は「スマイルシンデレラ」の異名を持つ、笑顔がステキなプロゴルファー、
渋野日向子選手(サントリー)の自宅や実家は豪邸という噂について調査しました。

「スマイルシンデレラ」の笑顔の秘訣、どんなところで育って、あの笑顔が生まれたのでしょうか。

渋野日向子自宅(実家)の住所は岡山のどこ?


渋野日向子選手の自宅(実家)の住所は、岡山県岡山市東区です。

岡山県岡山市東区市街地から外れた、のどかな田園風景が広がる地域。

渋野選手は「都会は苦手」と話すほど、生まれ育った岡山が大好きなんです。

実家はその岡山市東区にある、築120年の100坪を超える大豪邸です。

100坪超えはかなり広いですね

昔ながらの日本家屋の作りで、外観だけでも推測100坪くらいある敷地に、日本庭園のようなとても広い旧家の豪邸。

植木などもキレイに手入れがされています。

植木屋さんを呼んで手入れをされているでしょうから、その暮らしの余裕が垣間見れますね。

渋野選手も、旧家のお嬢様という感じではないでしょうか。

豪邸で渋野日向子さんの実家ということで地元ではさぞかし有名でしょうね。

 

続いて地元岡山で育った渋野日向子選手の出身小学校や中学はどこだったのかも調べてみました。

渋野日向子の出身小学校や中学はどこ?

渋野日向子選手の出身校は、岡山市立平島小学校、岡山市立上道中学校です。

岡山市立平島小学校時代は、小学校2年からゴルフを始めます。

友達のお父さんが、近所のゴルフ練習場「パールグリーンゴルフクラブ」で、レッスンプロをしていたことがきっかけで、ゴルフ体験参加からスタートしています。

また幼い頃から高校野球が大好きで、ゴルフを始めた同じ年に地元のスポーツ少年団に入団し、ソフトボールを始めています。

当時は、何とソフトボールの方が好きだったそうです。

「高校野球は小さい頃からめっちゃ好き。何より全力プレーがいい。一塁へのヘッドスライディングとか、ケガすら恐れないかのような全力疾走とか。本当に胸に来るんです。昨夏は甲子園に初めて行って観戦しました。雰囲気が凄くてめちゃくちゃ楽しかった」

と、高校野球の魅力を語っています。

ソフトボールの1番の思い出は、小学校6年の最後の試合だそうです。

「大差で負けていて最終回2アウト、私の打席が回って来ました。監督は『空振りでもいいから悔いのないようにやって来い』って。最後の言葉で『うわーっ』みたいな。ボロボロと泣きながら打席に入りました」

ちなみにソフトボールでは投打に渡り主力選手として活躍し、男子を含めて最も打率が高かったそうですよ。

オフには、小学校時代に所属したチームで現在でも練習を行っているそうで、現在でもゴルフよりソフトボールの方が好きなんだそうです。

でもゴルフの方が伸びたんだね。趣味としてずっと好きなのはソフトボールという感じでしょうか

渋野選手はスポーツだけでなく、小学校から書道を習い、初等師範(10段の上)の免許を持つ達人なんです。

実家にも、たくさんの掛け軸が飾ってあります。

小学生の頃からソフトボールとゴルフをやっていたので、運動が元々大好きな子だったことが分かります。

そして書道にも力を入れているので文武両道に育てられたんですね。

渋野日向子の中学時代

岡山市立上道中学校時代は、ゴルフを続けながら、ソフトボールではなく軟式野球部に所属します。

軟式野球部なので周りは男子ばかり女子部員は渋野選手ひとりだったそうです。

まさに紅一点だったんですね。

ゴルフでは、中学1年から3年までの3年連続で、岡山県ジュニアゴルフ選手権競技・中学生女子の部で優勝しています。

野球部の監督からゴルフに専念した方が良いのでは?との助言があり、ゴルフに専念することを決め、軟式野球部は2年で退部しています。

男子との体力の差がだんだん出てきて・・・。ゴルフに絞ったのは、そんなことを感じていた中2の時でした。

ちょうど県の大会で優勝し、監督から『ゴルフ1本にした方がいいよ』と勧められたんです。

ずっと続けようと決めていたのはゴルフだったから、アドバイス通りにゴルフを選んだ渋野日向子さん。

ちなみに小学校中学校ともに、ブルゾンちえみさんは先輩に当たります。

渋野日向子の実家の近くに大好きな駄菓子屋さんがある?


渋野日向子選手の実家の近くに大好きな駄菓子屋さん「坪井商店」があります。

渋野選手は、ラウンド中に駄菓子をよく食べています。

子供の頃から、この坪井商店さんによく通っていたそうです。

坪井商店さんは、渋野選手の活躍で一躍有名になり、しぶこセット(税込300円)を販売していて、渋野選手の大好物の「タラタラしてんじゃね~よ」も入っているそうです!

渋野選手が当時よく食べていたものや、好きだったものが入っている感じでしょうか。

店主の坪井広美さんは、子供の頃の渋野選手について、「ハキハキとしっかりした女の子」と話しています。

ご家族も顔見知りで、子供の頃から通っていたということもあり徒歩圏内にあるお店でしょうか。

この坪井商店さんには、ブルゾンちえみさんも通っていたみたいですよ。

坪井商店
岡山市東区東平島1315
営業時間:10時~19時
定休日:不定休

渋野日向子の実家(自宅)が豪邸の噂は本当?

渋野日向子選手の実家(自宅)が豪邸の噂は本当です。

成人式に出席は出来なかったようですが、記念に実家の庭で撮影した振り袖姿の写真に写り込む自宅の様子が、日本庭園のようなんです!


庭の広さだけでなく、植木などもキレイに手入れされていて、とてもお金をかけているのではないでしょうか。

築120年100坪超えの豪邸で、代々受け継いで来た、名家なのではないでしょうか。

また定期的に植木屋さんを呼んで手入れもされているでしょうから、

生活の余裕みたいなものも感じますし、やはり旧家のお嬢様って感じなのでしょう。

渋野日向子の自宅の部屋はゴミ屋敷?

渋野日向子選手の自宅の部屋はゴミ屋敷?について、調べてみました。

自宅取材で「部屋を見せてください」の質問に対し、「ゴミ屋敷」という理由で拒否したことで、「渋野日向子の自宅の部屋はゴミ屋敷」と話題になってしまいました。

おおらかな性格で飾らないところが、渋野選手のかわいい魅力のひとつですが、やはり女性ですから、お部屋までは勘弁してもらいたかったのではないでしょうか。

いうほど「ゴミ屋敷」ではない気がしますよ。

渋野日向子は現在も実家暮らし?


渋野日向子選手は、現在は都内在住なのではないでしょうか。

残念ながら詳しいことはわかっていませんが、都内でひとり暮らし、またはマネージャーを務めている渋野日向子選手のお姉さんとふたり暮らしではないでしょうか。

先日フライデーされた、都内高級ホテルにお泊まりデートは、お互いひとり暮らしなのに、わざわざ高級ホテルにお泊まり?と、

ちょっと疑問だったのですが、お姉さんとふたり暮らしならあり得るかもしれませんね。

地元大好きな渋野選手ですから、ちょくちょく地元岡山には帰っているのでしょう。

まとめ

一目でわかるこの記事のポイント

・実家は岡山県岡山市東区にあります。自然豊かな環境で育ちました。

・岡山市立平島小学校、岡山市立上道中学校出身です。

・小学校2年でゴルフとソフトボールを始めます。

・中学校ではゴルフを続けながら軟式野球部に所属、のちにゴルフに専念するために退部しています。

・ブルゾンちえみさんは、小学校中学校ともに先輩です。

・実家の近くに子供の頃から通っていた駄菓子屋さん「坪井商店」があります。
大好きな「タラタラしてんじゃね~よ」も入っている「しぶこセット(税込300円)」も販売しています。

・実家は築120年100坪を超える大豪邸で、日本庭園のようにキレイに手入れが行き届いています。

・現在は都内でマネージャーのお姉さんとふたり暮らしではないでしょうか。

ステキな笑顔は、自然豊かな大好きな岡山で生まれたものなんですね。

コロナの影響もありなかなか帰省もままならない状態ですが、やはり大好きな地元に帰れば、元気もチャージ出来ますね。

いろいろ不便なこともありますが、元気に頑張って欲しいですね!

渋野日向子選手の人気記事はこちら