話題

三浦春馬の誓約書の内容って何?報道陣に対する規制がなぜ?

三浦春馬さんのお亡くなりなり1ヶ月と少し経過しましたが、まだ大好きだった三浦春馬さんが亡くなったというのが信じられません。

三浦春馬さんが亡くなった後に、三浦春馬さんの所属事務所であるアミューズが報道陣に対して配った「誓約書」の内容がヤバイ!とネットを中心に話題になっていました。

今回は、三浦春馬さんの事務所が報道陣に対して配布した誓約書についてどんな内容だったのかまとめました。

三浦春馬の報道陣に対する誓約書の内容って何?

三浦春馬さんが亡くなったというニュースは、多くの報道番組で取り上げられ、また連日三浦春馬さんの死因や、亡くなった理由についてもメディアがたくさん報じていましたよね。

1ヶ月が過ぎてようやく三浦春馬さんのニュースも落ち着いてきましたが、実は三浦春馬さんの事務所アミューズが報道陣に対してとある誓約書を配っていたことが判明しました。

トップシークレットの内容だったのかもしれませんが、現在ではネットで拡散されています。

アミューズが配布したと思われ報道陣に対する誓約書の内容はこちら

皆さん、速報ありがとうございます。

今後も速報よろしくお願いします。

ご指摘にあった「写真は載せてもいいのか」については載せてはならないものです、現在画像および、動画を編集して個人特定できる除法を見えないようにしているため遅くなっています、

内容を簡単に纏めます

彼の他殺を疑わない。1日中「自殺」と報道する。

報道のルールには報道回数、連続報道日数に制約があるが三浦春馬には適用しない

彼が某団体とトラブルに遭っていたことは業界でも周知の事実です。例えば彼が家族に与えた財産は全て某団体に流れています。

他にも母親から彼に与え続けられた制限など自死に至る要因は明らかです。

これらの疑問を口に出してはいけない。約束とルールを守り美談しか報道しない。という内容が直接的に書かれてた誓約書

最後の文面が読めなかったのですが事務所アミューズが報道各社に向けて送られた内容が上記の内容になっています。

本当にアミューズが配布したのかも信じられない内容になっていますよね。

この誓約書をよく見ると、不可解な内容がたくさん書いてあります。

・三浦春馬彼の他殺を疑わない。1日中「自殺」と報道する

・報道のルールには報道回数、連続報道日数に制約があるが三浦春馬には適用しない

・彼が某団体とトラブルに遭っていたことは業界でも周知

・三浦春馬が家族に与えた財産は全て某団体に流れている

・母親から彼に与え続けられた制限などがある

三浦春馬さんはを自殺で報道するように、他殺を疑わない。という文面は明らかにおかしいです。

つまり三浦春馬さんは自殺ではなくて、他殺だった?ということなんでしょうか。

三浦春馬の某団体とのトラブルって何?

アミューズが配布したであろう誓約書には、彼が某団体とトラブルに遭っていたことは業界でも周知と書いてありましたが、業界でも周知ということは多くの方が三浦春馬さんと某団体との間にトラブルがあったことは有名だった!ということになってしまいます。

某団体の名前は明らかになっていませんが、三浦春馬さんの母親はカルトや宗教団体に入っていたという情報も出ていて、宗教団体にハマっていたのであれば一種のマインドコントロール加されていたかもしれません。

お金を春馬さんに要求して宗教団体に流していたのではないでしょうか?

三浦春馬が家族に与えた財産は全て某団体に流れている、と誓約書にもあります。

三浦春馬さんは、かなり稼いでいる俳優さんでしたが住んでいたマンションは家賃10万程度のマンションでした。

春馬さんだったらもっといいいマンションに住めると思ったんですが、財産を奪われていたのであれば、最悪ですよね。

三浦春馬さんは両親と縁を切るほど。二度と会いたくないとまで言っていたことがわかっています。

親子のトラブルから春馬さんも何らかの起きな問題に直面していたのは間違いないでしょう。

まとめ

今回の誓約書の内容が事実であるならば、春馬さんは自殺ではなくて他殺の可能性もあったとも解釈できる内容で、かなり衝撃的でした。

また大好きだったお母さんとの金銭トラブルや某団体との関係も春馬さんの繊細な心は限界がきていたのかもしれません。

そもそもアミューズがこんな内容を報道陣に対して配布するのか??一番疑問なんですが、誰かが勝手にデマ情報を流したとも考えられます。