人物

恵口公生の死因は病気?顔画像やwikiプロフィールについて調査!

月刊少年マガジンにて「キミオアライブ」の漫画を連載していた23歳の恵口公生さんが、亡くなっていたことが判明。恵口公生さんはまだ23歳という若い年齢で亡くなってしまい悲しみが広がっています。

死因については明らかになっていませんが、8月17日に緊急入院していたことがわかりました。

緊急入院となると、元から何らかの病気だった可能性も出てきます。

恵口公生さんの死因は何だったのか、漫画家として活躍していましたがどんな方だったのか顔画像やプロフィールについて調べてみました。

漫画家 恵口公生の死因は病気?

恵口公生さんの死因についてはご家族の意向もあり、明らかになっていませんでした。

月間少年マガジンの編集部によると、8月17日に緊急入院されてその2日後の8月19日には亡くなってしまったようです。

緊急入院ということで元から持病があり、それが悪化してしまったのか、それとも突発的に体に病魔が襲ったのかどっちかだと思います。

これまで、恵口公生さんは連載を病気で休載したこともなく順調に連載を続けていました。

漫画家というのは、ハードな仕事なので体調を崩してしまう人も結構いるようですが恵口公生さんは、特にそんなことはなかったようです。

また23歳と若いので、癌が重い病気を患っていた確率も平均でみると低くなりますよね。

そうなると、恵口公生さんは突発的な病魔に襲われて亡くなってしまったのではないでしょうか?

若くても、ストレスなどからくも膜下出血や若い人だと不整脈で亡くなってしまうこともあるようです。

前日まで元気だったとしても突発的な病魔に襲われて亡くなってしまう方は年間にしても結構いるので、恵口公生さんも同じような感じだったのかもしれないです。

23歳という年齢を考えると、本当に人生これからで漫画家としてもいろんな作品を書いていこうと思っていた矢先の出来事で、ご本人も大変無念だろうしご家族も辛すぎますよね。

漫画家 恵口公生の顔画像やプロフィールは?

恵口公生先生の顔画像を探してみましたが、漫画家という職業のためなのか本人の顔画像は出ていませんでした。

また連載中のキミオライブは3巻で打ち切りが決定していました。

しかし8月17日に発売されたキミヲアライブの2巻の初週の売上が良ければ連載続行、良くなかったら3巻で打ち切りと当初から編集部で決定していました。

漫画家の世界は厳しですよね。

8月17日にキミオライブの2巻が発売されていますが、その日に緊急入院って偶然なんですかね?

2巻の売上次第では打ち切りになってしまうことや、またキミオアライブのキミオって恵口公生先生の名前から考えたタイトルのようにも思えます。

実際は「エグチコウセイ」と読みます。

コロナの影響で漫画の単行本の売上も下がっていて、1巻の売上も低迷していたキミオアライブ。

漫画家としても、もっと楽しい作品を作りたい!ととても頑張っていたはずです。

売上次第では打ち切りって・・・若い23歳の恵口先生には大変辛かったと思います。

恵口公生さんの死因については、明らかになっておりませんが、打ち切りになることや、また2巻が発売された日に、緊急入院しているなど不可解でしかありません。

死因は明らかになっていませんが、病気ではなくて、自分から命を絶つ行動に出た・・・・のではないかとSNSでは噂になっていました。

あくまでもネットの予測ですので違ったら申し訳ありません。

未来ある若い漫画家にとっては、売上を気にしたり打ち切りにすることを公にするのは精神的にもかなり負担になってもおかしくないでしょう

また23歳と、まだ漫画家として活動期間も短かったので恵口公生先生の情報も少なかったです。

プロフィールについては殆ど明らかになっていませんでした。

名前:恵口公生

年齢:23歳

職業:漫画家

恵口公生の性別は女性?

恵口公生先生は男性か女性どっちだったのでしょうか?

漫画家さんって謎めいた部分が多く、また少年誌や青年誌だったとしても女性の漫画家が活躍もされているのでぶっちゃけ男性なのか女性なのか不明のことが多いですよね。

鬼滅の刃の作者の女性であったりと、かなり話題になりましたが、恵口公生先生も女性だと思われます。

というのも恵口公生先生は、以前「PEYO」という別名義で漫画を描いていましたが、その時の作品がBLの漫画だったのです。

BLは男性漫画家より女性の漫画家の方が多いです。そのことからも恵口公生先生も女性だったのではないでしょうか。

若い才能があった漫画家の方が亡くなってしまったのは残念でなりません。