お出かけ

マザー牧場gw2021混雑状況は?行き帰りの渋滞や所要時間について!

マザー牧場といえば広大な敷地に、たくさんの種類の動物たちとふれあうことができる、小さいお子様から、ご年配の方まで世代を問わず楽しむことが出来る、千葉県屈指の、人気レジャースポットですね。

動物たちとのふれ合いはもちろん、敷地内には季節折々、たくさんの花が植えられていて、1年を通して楽しむことが出来たり、遊園地で遊ぶことができたりと、たくさんの楽しみ方が出来るのは、嬉しいポイントですね。

gwの連休に、マザー牧場へお出かけを考えている方も多くいるのではないでしょうか。

今回は、お出かけ前に、チェックしておくと役立つ、GW中の混雑状況や、所要時間・渋滞状況、マザー牧場のおすすめの楽しみ方などについて、詳しくお伝えしていきます!

マザー牧場の混雑状況について!GWや祝日はどうなる?

マザー牧場は、一年を通して、土日、祝日は混雑傾向にありますが、特に気候がよくお出かけしやすい季節であるgwの連休は毎年、開園時間から大混雑します。

2021年のgwも、マザー牧場は例年通りの大混雑が予想されます。

マザー牧場敷地内の駐車場(1日1000円)は午前9時には、既に満車になってしまいますので、車で、遊びに行かれる場合には、早めの出発がオススメです!

マザー牧場の行き帰りの渋滞はある?

マザー牧場では、gw中の繁忙期はもちろん、土日や祝日は、周辺道路では、早い時間から渋滞が発生しやすくなります。

特に、開園時刻の9時を過ぎる頃には、駐車場も満車状況ですから、マザー牧場から、続く道路は1本道ということで、かなり渋滞してしまいます。

あと少しで到着なのに、なかなかたどり着けないもどかしさは、大人でもイライラしてしまいますよね。

 

せっかくのお出かけですから、そんなことを避けるためにも、マザー牧場へ7時~8時には到着を目指していただくことがオススメです!

また、帰りは、15時くらいから、駐車場の出口から渋滞してしまうので、早めの到着をして、少し早めにマザー牧場を出発することが、混雑回避のポイントになります。

 マザー牧場横浜・東京方面からの所要時間は?

横浜・東京方面から、マザー牧場への所要時間は以下の通りとなります。

車の場合はアクアラインを経由して、東京からは約70分、横浜からは約60分の所要時間となります。

ただし、この所要時間は、道路状況が通常の場合の目安なので、gwなどの繁忙期は時間と共に所要時間がながくなってしまうので、要注意です!

 マザー牧場おすすめの楽しみ方について!


マザー牧場といえば、広大な敷地内で様々な動物たちとふれあうことができるのが最大の魅力ですね。

また、日常では体験できないような様々なイベントやショーが毎日開催されているのも、マザー牧場の嬉しいポイントです!

おすすめの楽しみ方を順にご紹介致します。

①マザーファームツアーDX

入場料金とは別途有料にはなりますが、このツアーに参加した人だけが、特別のエリアに入り、広大な敷地をトラクタートレインでまわるツアーです。

トラクターで敷地を巡るので、すぐに疲れてしまう小さなお子様連れのご家族にもとてもオススメなツアーですよ!

ガイドさんの説明を聞きながら進むトラクターからは様々な動物の自然な姿を眺めることができます。

さらに途中下車をして、動物にエサやり体験ができるのも嬉しいポイントですね。

 

②様々なショー

マザー牧場では、毎日見所たっぷりな様々のショーが行われています。

その中でも特に人気なものが、150匹の羊が、牧羊犬に誘導されながら、走る「羊の大行進」と、子豚と、小さな子供達が協力して順位を競う「子豚のレース」です。

子豚のレースは当日抽選で決定した3歳から12歳の子供達が子豚のペアになってレースをするのですが、我が家の子供も1度だけ選ばれたことがあり、大喜びしていました。

かわいい参加賞ももらえるので、ぜひ多少年齢のお子様は体験してみて下さいね。

マザー牧場で遊べる対象年齢や雨天時でも遊べる?


マザー牧場では、年齢を問わず楽しむことが出来るのがとても嬉しいポイントです!

まだまだ歩くことのできない赤ちゃん連れの方はゆっくりショーを楽しむことが出来ますし。

元気いっぱいな子供達は、広大な広場で思いっきり走りまわったり、動物にふれあったり楽しいことがもりだくさんです。

お友達とのお出かけやカップルの方は様々な体験型イベントを楽しむこともオススメですし、ジンギスカンやリブステーキなど牧場ならではの美味しいグルメを堪能するのもオススメです。

季節折々の草花も多もしむことが出来、3世代のお出かけに利用される方も多くいます!

マザー牧場は雨天時でも遊べる?

青空を眺めながら、満喫できるマザー牧場ですが、雨の場合でも、変わらず楽しむことができます。

雨の日のマザー牧場では、晴れの日は外で体験することが出来る、「乳牛の手絞り体験」が特別に牛舎の中で体験することが出来ます。

雨の日も変わらずに、イベントが楽しむことが出来るのはとても嬉しいですね。

そのほかにも、室内で行われている

「シープショー」や、工房で「アイスクリーム作り」や「フレッシュチーズ作り」など手作り体験も、雨の日も楽しめるのでオススメです。

まとめ

マザー牧場は天候にも左右されることなく、どんな年齢の方にも楽しむことができる、関東屈指の人気レジャースポットです!

そのため、gwなどの連休は混雑情報をしっかりおさえて、お出かけに備えて下さいね。

ポイント

①開園時刻前の午前7時~8時到着を目指す。

②帰りは、15時~16時と帰宅混雑から避ける。

また、予約が必要な、ショーや手作り体験などは、開園と同時に、早めに予約することも大切なポイントです。

1200頭を超えるたくさんの動物とふれ合ったり、様々ショーや、手作り、牧場グルメなど、1日中楽しめる、マザー牧場へぜひ、お出かけしてみて下さいね!