イベント

富士サファリパーク車で回ると傷つくのは本当?事故は起きない?

富士山を背景に、世界中から集まった動物が暮らしている富士サファリパーク。

車で回る、ジャングルバスで猛獣にエサをあげるなど、色々な楽しみ方がありますよね。

しかし車で回る時に、車が傷つくことはないか、また事故は起きないのか…。

そんな心配事を解説していきます。

富士サファリパーク車(マイカー)で回ると傷がつくの?

結論から言うと車(マイカー)に傷がつくことはないので大丈夫です!

わが家も富士サファリパークは大好きで、遊びに行きます。

車でも回りましたが傷がつくことはありませんでした。

しかし放し飼いの動物がいる中を車で回るのですから、動物が寄って来て車に傷がつけられないか心配ですよね。

しかし動物は車には寄って来ませんでした。

遠くでかたまっていたり、寝ていたり。車には関心がないようです。

なぜならジャングルバスでは動物にエサあげができるので、そっちに寄って行くんですね。

ちょうどジャングルバスと一緒の時間になると、動物のエサあげが見れてラッキーですよ。

車で回っても傷は付かない理由

車では窓をしっかり閉めて、絶対に車から降りてはいけません。

当然エサあげもできません。

車はエサを貰えないのが動物も分かっています。

だから動物も近寄って来ないんですね。

車に傷がつく心配はなさそうです。

しかし長く停車していると、動物が車に近づいてくることがあるので、少しずつ車を進ませる方がいいそうです。

また各ゾーンには、ゼブラ模様の車に乗ったレンジャーが動物を監視しています。

動物が車に近づきすぎた場合は、クラクションを鳴らすとレンジャーが気づいてくれます。

猛獣の方が車に近寄って来ないし、道路も通りません。

どちらかというと、草食動物の方が少々注意が必要かもしれません。

道路も通りますので、フンが落ちていることもあります。

傷の心配はなくても、タイヤが汚れる心配はありそうですね。

富士サファリパーク車の事故は起きない?注意点は?

混雑時に気を付けてほしいのは、他の車との接触事故です。

動物に見とれてしまって前の車にぶつかったしまった!…なんてことのないように、運転手さんは気を付けてください。

スピードを出すこともありませんし、そこを注意すれば大丈夫でしょう。

富士サファリパークマイカー以外で回る方法も

マイカー以外で回る方法は3つ。

【ジャングルバス】

窓ガラスがない金網張りのバス。

開催日: 毎日
受付時間: 9:00〜15:00
営業時間に合わせて、変更する場合があります。
受付場所: 入口料金所横「案内所」
コース: サファリゾーン1周
所要時間: 約50分
エサあげ: クマ・ライオン・草食動物
料金: 1,400円 / 1人
※3歳以上有料。
1割程度のチケットをMy SAFARIで予約購入できますが、残り9割程度のチケットは当日券として開園時から先着順で発売いたします。
またMy SAFARIで予約購入できない日もあります。
My SAFARI | 富士サファリパーク 公式サイト (fujisafari.co.jp)

【スーパージャングルバス】

天井部分も金網張り仕様のバス。

天井に動物が乗ってくれば、舌や肉球なども見ることができます。
予約はできません。

開催日: 毎日(予告なく、上記期間を変更する場合があります)
受付場所: 入口料金所横「案内所」
コース: サファリゾーン1周
所要時間: 約60分
エサあげ: クマ・ライオン・ラマ・ラクダなど
料金: 2,100円 / 1人
※小学生未満のお子様は、ご乗車できません。

【ナビゲーションカー】

タッチパネル式のタブレット端末を操作して、動物の説明を聞きながらサファリゾーンを周遊できます。
オフロードも走行可能。

予約はできません。

開催日: 毎日
受付時間: 9:00〜15:00
営業時間に合わせて、変更する場合があります。
受付場所: ナビゲーションカーステーション
※平日は案内所で受付を行う場合があります。
コース: サファリゾーン1周
所要時間: 約60分
エサあげ: キリン・ムフロン・ラマまたはエランド
料金: 6,000円 / 1台(5人乗り / 7人乗り)

わが家はジャングルバスに乗りました。

バスが停まると動物が近づいてきます。エサあげタイム!

金網の外にはライオンが目の前に!

ドキドキもしましたがとても楽しかったです。

猛獣にエサあげができるのは他の施設では味わえないのでおすすめです。

ナビゲーションカーとマイカーどっちがおすすめ?

エサあげや、動物の説明などがいらない場合は、マイカーでもいいと思います。

またジャングルバスに乗る場合は、マイカーで十分。

エサあげをやりたい、普段は入ることができないオフロードも走りたい、マイカーでは回りたくないのならばナビゲーションカー。

また小さなお子様がいて、ライオンやクマが怖くてジャングルバスに乗れないという方もこちらがおすすめ。

万が一お子様が泣いたりぐずったりしても、他にお客さんはいないので気にしないで済みます。

まとめ

普通に運転していれば、マイカーでも楽しむことができます。

また車やバスで動物を見るだけではなく、動物と触れ合ったり、歩いて動物を見るウォーキングサファリ、スタッフの解説つきのアドベンチャーツアーもありますので、ぜひ体験してください。