アスリート・スポーツ選手

原辰徳の息子は連れ子なの?現在の職業や店の場所も調査!

今年こそ日本一を目指す原辰徳監督(読売巨人軍)の息子さんについて、
調べてみました。

原辰徳監督の

・息子は連れ子なの?
・現在の職業や店の場所も調査!

してみました。

素行が悪い、チャラい、言葉は悪いのですが「ドラ息子」などと呼ばれている、
息子はどんな人物なのでしょうか。

原辰徳の子供や家族について

原辰徳監督の子供や家族について、調べてみました。

妻・明子さん、長男・嘉宏さんの3人家族です。

妻・明子さん、6歳年上の現在68歳です。

旧姓は松本さんなので、松本明子さんになります。

☆一般人の方で、タレントさんではありません。

原監督が大学時代(東海大学)に知り合い、交際を始めます。

結婚を約束しながら両家から反対され破局、明子さんは割と時間を置かず別の男性と結婚してしまいます。

反対の理由は、原監督の父・原貢さんが妻・明子さんが「6歳年上だったから」という理由だそうです。

プロ野球選手の奥さんと言えば、いわゆる姉さん女房が多いですよね。

年上の奥さんにしっかり家庭を守って貰って、多くの選手が成功しています。

後に、破局から4年後に再会し明子さんが離婚したことを知った原監督は、大アプローチの末、1986年に結婚します。

この時も父・原貢さんは反対しましたが、押し切る形で結婚しています。

婚約会見に登場した明子さんは、割と派手な印象の美人なんですが、そのためかホステスをしていたとか噂になったそうです。

原監督と破局後、すぐに前夫と結婚したことから元ホステスはただの噂みたいですね。

前夫はそこそこ有名な家柄の男性だそうですが、明子さんは結婚後は、家事を放り出して毎日テレビで野球観戦していたそうです。

ある日突然ハワイに出かけ、帰国後は家に戻らず、ひとり残された前夫の元に雑誌記者が取材に訪れ、そこで初めて原監督と付き合っていた事実を知り、驚いたそうです。

原監督の大アプローチも凄いのですが、明子さんもテレビで野球観戦していたということは、明子さんも原監督が忘れられず応援していたということなんですね。

原監督と結婚後は、食事管理や、洋服のコーディネートをするなど、
しっかりサポートしていたみたいです。

1988年3月25日に長男・嘉宏さんが誕生しています。現在33歳です。

原監督は、ワインを購入し、

「この子が大きくなったら『これがお前が生まれた時に買ったワインだ』と言ってやるんだ。きっと話が弾むぞ!」

と、長男・嘉宏さんの誕生を喜んでいました。

前夫はお見合いとか、家族の強い勧めだったんでしょうか。

結婚相手はやはり当人同士で決めるのが一番ですよね。

原辰徳の息子は連れ子なの?

原辰徳監督の息子嘉宏さんは、連れ子ではありません。

1986年に結婚、1988年に嘉宏さんが誕生しています。

正真正銘、原監督の息子です。

妻・明子さんが再婚だったことから、このような噂が出たかもしれません。

また顔は明子さんに似ているのか、あまり原監督とは似ていないことも、噂の原因のひとつかもしれませんね。

どちらかと言えば、従弟に当たる菅野智之選手(読売巨人軍)に少し似ているかもしれません。

推移からしても、間違いなく原監督の子供ですから、プライベートなことは、そっとしておいてあげたいですね。

原辰徳の息子の学歴は?

原辰徳監督の息子の学歴を調べてみました。

嘉宏さんの最終学歴は、慶應義塾大学中退です。

慶應幼稚舎に入学、エスカレーター式で大学まで進学出来るのですが、幼稚舎から入った人は、中学や高校でドロップアウトすることもあり、他の学校に移る人も少なくないそうです。

つまり中学、高校まではしっかり真面目に勉強していたんですよね。

嘉宏さんは、大学時代から素行が悪くなり始めたのでしょうか。

遊び人として有名で、大学には行かず六本木に通いクラブで遊び放題という生活をしていたそうで、赤西軍団の一員でもあるようです。

赤西軍団とは赤西仁さん、錦戸亮さん、山下智久さん、城田優さんなど、人気タレント集団で、かなり派手な遊び方で六本木界隈では有名だそうです。

幼い頃からいろんな人からチヤホヤ、遊びまくるのも無理はない気もしますし、打ち込める何かが見つからず、模索していたのかもしれませんよね。

原辰徳の息子の職業や店の場所はどこ?

原辰徳監督の息子の職業や店の場所を調べてみました。

職業はフレンチレストランのオーナー、店の場所は麻布十番にあります。

大学中退後しばらくはニート生活をしていた嘉宏さんですが、見かねた原監督がフジテレビにコネ入社させようと試みるも、大卒でないと入社を断られます。

留年を繰り返し大学の単位が足りずに、2013年卒業見込みが得られずというのが表向きな理由で、一番の理由は評判の悪さが足かせとなったことらしいです。

次に原監督は、コネでAKB運営会社のAKSに入社させます。

AKSは秋元康さん、窪田康志さん、芝幸太郎さんの頭文字を取って付けられたプロダクション名です。

AKB48、SKE48、HKT48、NGT48などのAKBグループの運営及び管理を行い、音楽・映像ソフトの企画製作、販売など幅広く手掛けている会社です。

どんな業務に携わっていたかはわかっていませんが、無断遅刻、無断欠勤などを繰り返し、表向きは自主退社ですが、素行の悪さが問題視され幹部から「辞めてくれ」と事実上の解雇だったようです。

次に「株式会社MAMIRO」を起業します。ワインの輸入などを手掛ける会社を仲間達と立ち上げ、取締役に就任します。

起業資金は原監督が出資しますが「起業ごっこ」と揶揄しています。

「息子に自立して欲しい」という気持ちが込められていたようですが、資本金は1000万円で、原監督が全て用立てたと言われています。

現在は実態がないようです。

2015年12月12日に、麻布十番で創作フレンチレストラン「嘉(YOSHI)」をオープンし、オーナーを務めます。

和とフレンチの融合で、繁盛していて、味も評判のお店です。

1階はカウンター、2階は個室の女性客が多めです。

原監督の関係者などもたくさん来店しているのではないでしょうか。

現在はコロナ禍もあり、苦戦もあるかもしれませんが、ようやく掴んだ自分の道ですから、しっかりと頑張って続けて欲しいですね。

原辰徳の息子は野球とは無関係なの?

原辰徳監督の息子は野球とは無関係です。

当然の如く幼少期から野球を始めましたが、才能がなかったことから、いつまでやっていたかもわかっていませんが、早いうちに辞めています。

「原辰徳の息子」と呼ばれ、辛い思いもあったかもしれません。

また菅野智之選手は、原監督の妹・詠美さんの息子で、嘉宏さんのひとつ年下の従弟に当たります。

学年は2学年下。

 

菅野選手といえば、沢村賞を2度受賞した、言わずと知れた日本の大エースですね。

菅野選手も「原貢の孫」「原辰徳の甥」と呼ばれることが多く、「嫌なことの方が多かった」と話しています。

そんな中で伯父である原監督と同じ高校、大学、そしてプロの道を歩み、現在の位置を築いた菅野選手は凄いですね。

嘉宏さんは菅野選手のひとつ年上ですし、原監督の実の息子ですから、より強い辛い状況にあったかもしれません。

また周囲の人の菅野選手との比較などもあったかもしれません。

有名人の息子となると、いろいろ大変ですよね。

まとめ

原辰徳監督の息子、原嘉宏さんについて調べました。

・原辰徳監督の家族構成は、妻・明子さん、長男・嘉宏さんの3人家族です。

・原嘉宏さんは妻・明子さんの連れ子ではありません。
1986年に結婚、1988年に嘉宏さんが誕生していますから、正真正銘の原辰徳監督の息子です。

・原嘉宏さんの最終学歴は、慶應義塾大学中退です。
幼稚舎から慶應に通い、中学高校までは真面目に勉学に励みますが、大学では留年を繰り返し、中退しています。

・麻布十番のフレンチレストラン「嘉(YOSHI)」のオーナーを務めています。
それまでは職を転々としますが長続きせず、現在の職が合っているのか、味も評判のお店です。

・幼い頃に野球を始めますが、才能がないと判断し、早々に辞めています。

大物や有名人の子供というだけで、確かに辛いことはあると思いますよね。

でもみんながみんなそうではないですし、ようやく嘉宏さんに合った仕事も見つかり、現在も続いています。

味の評判が良いということはシェフの腕が良いのだと思いますし、周りのスタッフの方々にも感謝の気持ちを忘れずに、頑張って続けて欲しいですよね!

お近くにお住まいの方々は、是非足を運んでみてくださいね。