イベント

箱根の混雑状況2021混雑時期はいつ?おすすめの回り方についても!

神奈川県の西部に位置し、首都圏からだけでなく他の地域からもアクセスが良い箱根。

気軽に観光へ行ける分、土日祝日を中心にいつも混むイメージがありますね。

自然や芸術、温泉といった観光スポットが多く、リピーターも多い観光地で年齢問わず人気の観光地です!

そんな箱根の、お勧めスポットや混雑状況・混雑時期、お勧めの回り方についてご紹介いたします。

箱根の混雑状況2021について
1年を通して混雑する時期はいつなのか
箱根のお勧めの回り方について

今回はまとめています!

箱根の混雑状況2021は?

箱根は首都圏や各方面からのアクセスが良く、温泉地として観光地として年間を通して人気があり、基本的に土日祝日は平日に比べて混雑しています。

混雑する時間帯としては午前の比較的早い時間帯から夕方頃までがピークです。

特に混む場所

公共交通機関ですと箱根湯本駅での登山電車への乗り換えと、大涌谷でのロープウェイの乗車待ちが特に混雑しやすいスポットです。

車ですと箱根湯本駅周辺と、大涌谷の周辺(特に駐車場)で渋滞が発生しやすいです。

特に混雑が酷い時期は小田原あたりから数珠繋ぎになったり、大涌谷の駐車場へ入るのに1時間以上かかる場合もあります。

公共交通機関・車ともに、箱根地区では抜け道があまりないため、特定の場所に人や車が集中しやすいのが特徴です。

2021年はコロナの影響もあり、一時期箱根も閑散としてしまった時もありましたが最近はまた観光客が増えてきています。

平日であれば混雑することなくスムーズに観光ができますので、お時間がある人は平日に行くのがベストです。

2021年のGWは首都圏は緊急事態宣言が出ていましたが神奈川県は対象外でした。

また早くから宿の予約をしていた方も多くいて、箱根は連休中は連日賑わっていたようです。

このことからも、土日祝・お盆休みや、秋の3連休などは基本的に混雑するのが普通です。

箱根が最も混雑する時期はいつ?

箱根が年間を通じて以下の時期が特に混み合います。

3月末~4月初めの桜のシーズン(特に土日)
4月下旬~5月初旬のゴールデンウィーク
6月中旬~7月中旬の紫陽花のシーズン(特に土日)
8月中旬のお盆
11月の土日での紅葉シーズン(特に土日)

更に上記シーズンの連休となると、かなり酷い混雑に巻き込まれます。

公共交通機関の場合、箱根湯本駅からの登山電車が通勤ラッシュ並みの混雑になります。

また、大涌谷から桃源台までのロープウェイが、1時間以上待つ可能性があります。

車の場合は、箱根湯本駅周辺がボトルネックになり混雑します。

大涌谷の駐車場も長い行列になる上、逃げ道がないのでひたすら待つことなります。

この時期は混雑を避けることが正直難しいです。

かなり朝早く時間帯に箱根に入れば多少は混雑を避けられますが、それでも午後は混雑に巻き込まれます。

どうしても混む時期に箱根へ行かれるのであれば、遅くとも朝8時には箱根湯本または芦ノ湖周辺に到着しておきたいですね。

箱根が最も空いている時期はいつ?

逆に箱根が空いている時期もありますので、閑散期を狙っての観光もおすすめです!

1月初旬~3月中旬の平日(年始から桜のシーズン前)
4月中旬の平日(桜のシーズン後からゴールデンウィーク前)
5月中旬~6月初旬の平日(ゴールデンウィーク後から紫陽花のシーズン前)
8月下旬~10月下旬の平日(夏休み後から紅葉のシーズン前)
12月の平日(紅葉のシーズン後から年末前)

上記に共通しているのは平日という点です。

あとは大型連休や桜・紫陽花・紅葉の合間です。

このタイミングであれば、公共交通機関・車いずれも、ゆったりと観光することが出来ます。

箱根の観光を混雑回避しながらのおすすめの回り方

公共交通機関の場合

首都圏からは小田急線やJR東海道線を利用して小田原から箱根湯本に入り、登山電車~ケーブルカー~ロープウェイ~遊覧船で芦ノ湖へ抜けるルートが一般的です。

早朝に箱根湯本まで到着出来れば、首都圏からの観光客が少ない時間帯に登山電車に乗ることが可能です。

また、先に小田原から芦ノ湖へ向かい、そこから遊覧船~ロープウェイ~ケーブルカー~登山電車と逆回りに行けば、幾分混雑は避けられます。

車の場合

首都圏からは東名高速から小田原厚木有料道路を経由して小田原・箱根湯本へ向かうルートが一般的です。

こちらも早朝に箱根湯本まで抜けてしまえば渋滞にはまる可能性は低いです。

あるいは東名高速で御殿場IC経由で芦ノ湖北側の桃源台へ、または三島から芦ノ湖南側の箱根町へ向かうルートも使えそうです。

箱根の名所やおすすめスポットについて

ここでは、主に初めて箱根へ行かれる方へのお勧めスポットをご紹介いたします。

箱根にはいくつもの観光スポットがありますが、初回であれば有名どころは押させておきたいですね!

・箱根湯本駅前商店街

・箱根小涌園ユネッサン

・箱根彫刻の森美術館

・大涌谷

・箱根神社

順番に定番スポットを紹介していきますね。

箱根湯本駅前商店街

箱根の旅の始まりはここですね。

箱根湯本駅前の道路沿いに土産屋や飲食店が軒を連ねてます。

温泉まんじゅうや蒲鉾・干物など箱根の名産品が売っているので、食べ歩きもおすすめです。

小田原名物のかまぼこですが伝統の味「鈴廣かまぼこ」が特に有名です。

鈴廣かまぼこ博物館が箱根湯本駅から小田原方面に向かう道中にありますが、箱根湯本駅前店もございます。

湯本駅前商店街を散策するのであれば、鈴廣かまぼこ立ち寄りしてみてはいかがでしょうか^^

箱根湯本駅前にはあの人気のショップがありますよ!

エヴァンゲリオンショップ箱根湯本店です。

エヴァンゲリオンファンであれば是非こちらも覗いてみると楽しみが増えますね!

箱根小涌園ユネッサン

日帰り温泉や宿泊施設を兼ね揃えた温泉レジャー施設です。

せっかく箱根に来たならば、温泉に入りたいですよね。

公共交通機関を利用の場合、小田原駅・箱根湯本駅・強羅駅からバスに乗り換えです。

【公式】箱根温泉・箱根旅行なら箱根小涌園ユネッサン (yunessun.com)

箱根彫刻の森美術館

全国的にも珍しい、屋外にある美術館です。

オープンエアで箱根の空気を吸いながら芸術に触れるのもいいですよね。

登山電車の「彫刻の森駅」が美術館から徒歩2分のところにあるので、車が無くても行きやすいのもGOODです。

箱根 彫刻の森美術館 THE HAKONE OPEN-AIR MUSEUM (hakone-oam.or.jp)

彫刻の森美術館は子供も遊べる場所が充実しているので、子連れファミリーの方は行ってみてください!

大涌谷

山肌から湯気が立ち込め、硫黄のにおいがする有名スポットです。

箱根らしさを感じられるのではないでしょうか?

火山ガスが立ち込めているため、下記に該当する方は行かない事を推奨いたします。

アレルギー性ぜん息の方
気管支疾患の方
呼吸器(肺)疾患の方
心臓疾患の方
心臓ペースメーカーを装着している方
体調不良の方

国立公園 箱根 大涌谷 | 大涌谷くろたまご館 (owakudani.com)

箱根神社

関東屈指のパワースポットとして名高い箱根神社。芦ノ湖の湖畔にありますので、芦ノ湖を富士山とのコントラストも堪能できます。

芦ノ湖遊覧船の元箱根港から徒歩10分ですので、遊覧船の乗船ついでに訪問することをお勧めします。

箱根神社(九頭龍神社)公式ホームページ (hakonejinja.or.jp)

まとめ

公共交通機関・車どちらでも行きやすい箱根。見どころがたくさんあるので、どうしても土日祝日を中心に混んでしまいます。

平日を利用したり、少し工夫したルートを通ったりして、うまく混雑を避けながら箱根の観光を楽しんでくださいね!