YouTuber

よよか(ドラム)の親は誰?性別や海外の反応も調査!

よよかさんというドラマーを知っていますか?

YouTubeに動画をあげると話題になり世界で有名なアーティストからもオファーがきた注目の小学生です。

私はよよかさんをテレビで見たことがあるのですがそのテクニックに思わずテレビの前で「凄い」と言っていました。

そこからよよかさんの親はどんな人なのか、よよかさんの性別や海外の反応が気になりました。

今回はそのよよかさんの親は誰なのか、性別や海外での反応を調査しました。

よよかとは何者?

YouTubeでもチャンネル登録者数を増やしているよよかさんは北海道石狩市出身のドラマーです。

本名は相馬よよかと言います。

8歳の時にYouTubeで演奏した「Led Zeppelin」のGoodTimesBadTimes」がアメリカのビルボード誌で特集されました。

この動画を見たアメリカのロックバンド「RedHotCiliPeppers」のドラマーキャド・スミスや「Kiss 」のドラマーエリック・ジンガーなどから天才と称賛された注目の小学生ドラマーです。

よよか(ドラム)の親は誰?

よよかさんの父親は相馬あきふみさんと言います。

札幌でシンガーソングライター“ソウルマークイフミィー(SoulLikeifme)”の名前で活動、自身のスタジオでアーティストの作詞などの提供をしていました。

お母さんの名前は相馬りえさんと言います。

仕事は新聞やミニコミ誌で働いていました。

また自宅で喉が弱い人のためにウォーキングアップレッスンをしていたようです。

この仕事はりえさんが喉が弱くて幼い頃から好きだった歌が思いように歌えなかったからです。

治療して回復したのでその経験を生かし同じ悩みを持っている人を助けたいと始めたようです。

あきふみさんと結婚後2002年からかねあいを結成し活動していました。

よよか(ドラム)の性別は?


よよかさんは小学6年生の11歳の女の子です。

よよかさんのプレイスタイルは一度見たら忘れられないぐらいパワフルです。

勿論技術も凄くて大人顔負けの演奏をします。

また体は小さいながら力任せにドラムを叩くのではありませんがドラムを壊してしまうこともあるので破壊神と呼ばれています。

そのテクニックから最初見た時には思わず女の子?と2度見してしまうようです。

私も以前テレビでよよかさんの演奏を見たことがあるのですが女の子なんだと思って見ていたら演奏が始まった時のパワフルな演奏に思わず“えっ?”と驚いてしまいました。

よよか(ドラム)の海外の反応は?

よよかさんは8歳の時に世界的コンテスト「HitLikeAGirl2018」の18歳以下の部でウィークリーチャンピオンになり海外で一気に注目を集めました。

この演奏でアメリカの有名なアーティストから絶賛され、ローリングストーン誌で特集が組まれました。

また「ニューズウィーク日本版」の「世界が尊敬する日本人100」に選ばれています。

アメリカの人気トーク番組「エレンの部屋」に日本人では4人目で最年少、2019年2度1日と2019年5月14日の2回出演しました。

その時には少しも物怖じせずに堂々とした演奏とトークを披露していたそうです。

海外の番組で物怖じしないとは度胸がありますね。

よよか(ドラム)の実力や経歴は?

本名:相馬よよか

生年月日:2009年12月2日

年齢:11歳(2021年4月現在)

出身地:北海道石狩市

よよかさんは2歳の時に両親からおもちゃ代わりにドラムを貰います。

A5歳の時に両親がしていたバンドかねあいに参加バンド名がかねあいよよかに改名されました。

よよかさんはドラムのほかにもピアノも担当者しています。

これまでにライブやイベントに150本以上出演しています。

2018年8歳の時にYouTubeに投稿したLed Zeppelinの「GoodTimesBadTimes」が拡散されローリングストーン誌で特集されました。

同曲は世界的なコンテスト「HitLikeAGirl2018」にもエントリーされ18歳以下の部で史上最年少でウィークリーチャンピオンに選出、チャド・スミス、ロバート・ブランド、シンディ・ローパーなどから天才と称賛されています。

国内でも奥田民生さん、矢野顕子さん、佐藤竹善さん、ハマオカモトさん、ピエール中野さん亀田誠治さんからも称賛されました。

同年8月日本最大級のロックフェスティバル「RISINGSUNROCKFESTIVAL2018inEZO」に史上最年少で出演しています。

このイベントで奥田民生さん、KenKenさんなどをゲストに迎RedZeppelin「TimesBadTimes」を演奏しました。

 

2019年シンディ・ローパーのデビュー35周年アニバーサリーツアー東京最終公演で彼女のヒット曲「GirlsJustWanttoHaveFun」「Shebop」をよよかさんが演奏しています。

同年アメリカカルフォルニア洲で開催された世界最大の楽器ショーNAMMShowで最年少で日本人初の女性ドラマーとして紹介されました。

2020年12月よよかさんがYouTubeでDeepPurpleの「Burm」のドラムカバーを投稿するとこの曲のオリジナルドラマーイアン・ベイスが反応し、自身のYouTubeチャンネルで以下のように発言しています。

「この曲は凄いパワーが必要。彼女はすでに恐ろしいレベルのプレイヤー」と称賛し「更に一緒に作品を作りましょう。」

とメッセージとコラボレーションのオファーをしました。

その他にも“音楽の日”や“musicfair”、“関ジャム”などのテレビにも出演しています。

今国内外で注目の小学生ですね。

まとめ

・よよかさんは小学生ドラマーです。

・よよかさんの両親は相馬あきふみさんとりえさんです。

・よよかさんの性別は女の子です。

よよかさんは国内だけではなく海外のアーティストやテレビ番組でも称賛されています。

海外のアーティストからもオファーされるぐらい才能に溢れているのは凄いですね。

これからも色々なイベントの出演して活躍してほしいです。

将来が楽しみなドラマーですね。