アスリート・スポーツ選手

前田穂南の身長体重は?ガリガリで腹筋もヤバイ?

東京オリンピック女子マラソンの代表に選ばれている前田穂南選手ですが、ガリガリで身体が細いと心配されています。

マラソン選手はギリギリまで体重を落としたり、生理が止まってしまう人もいるくらいです。

前田選手は大丈夫なんでしょうか?

今回は前田穂南選手の身長体重やガリガリすぎるのか、前田選手の腹筋についても調べてみました。

前田穂南の身長体重はどれくらい?ガリガリなの?

前田選手の身長は166㎝です。

身長は他の女子選手に比べても高く、力強い走りを見せてくれます。

一方で体重は46kgとかなり細いのです。

166㎝であれば、体重50kgくらいはあってもおかしくありません。

前田選手はアスリートなので、ストイックに身体を鍛えていると思いますがあまりにも細いので大丈夫なのかと心配になりますよね。

しかしマラソン選手は特にやせ型の選手が多いスポーツです。

体重が少しでも増えてしまうと、走るリズムが変わってしまうそうです。

参考までに高橋尚子さんですが、シドニーオリンピックの時は身長163㎝で体重が46キロでした。

野口みずきさんは、身長150㎝、体重40キロです。

野口みずきさんは身長150㎝体重40キロであればマラソン選手としては瘦せすぎではないですよね。

前田穂南選手は高橋尚子さんより3㎝身長が高いことになりますが、体格は高橋尚子さんと似ています。

またマラソン女子選手は標準体重よりも体重が少ない痩せている選手の方が多く、体重が落ちればタイムも伸びやすいと言われています。

大会でベストな記録を出すために、ギリギリの食生活だったり徹底した食事管理で体重もキープしています。

前田穂南選手も自分の持っている力を全てだすためのベストな体重がきっと46キロなんだと思います。

応援している側からすると瘦せすぎている、ガリガリなんだけど・・と思いますが、46キロという体重がベストな体重なんです。

体重キープのために、前田選手も我慢したり徹底した管理をされています。

前田選手が大丈夫というのですから、静かに見守り応援していきましょう。

やはり1kgでも増えてしまうと体が重くなってしまうので、好タイムを出すのが難しくなってしまいます。

ちょっと見た目は細いなと思うのですが、これもオリンピックという大きな舞台に立つためには必要なことみたいです。

前田穂南は細いけどオリンピック代表に決定!

前田穂南さんは、2019年9月に開催された「マラソングランドチャンピオンMGC」で独走し見事優勝されました。

 

この大会で優勝した選手はオリンピック代表が内定という勝負の戦いであっただけに、多くのオリンピック代表候補が出走したレースとなりましたね。

前田穂南さんはMGCが始まる前までは、1位になるとは予想されていなかったんです。

しかし前田選手は中盤から後半にかけて前田さんの安定した走りや、他の候補者が本来のタイムをだせずに、前田穂南さんだけがトップになり最後まで走り抜きました。

しかしゴールしてからすぐに前田選手が運ばれていく姿がありました。

前田穂南さんも完走後、脱水症状となり病院に緊急搬送されていたんです。

その際に前田選手が細すぎるから、ちゃんと食べているのか心配という声があがっています。

東京オリンピック本番も真夏の太陽がギラギラと照らす中でのマラソンとなります。

コロナより、熱中症にならないか心配ですね。

前田穂南の腹筋がすごい!

前田穂南さんの腹筋がすごいと話題になっています。

陸上選手の腹筋はすごいですよね!

画像があれば見てみたかったのですが、残念ながら前田選手の腹筋画像は見つかりませんでした。

ただ安定したブレのない走りをするためには、体幹を鍛える必要がありますし腹筋は重要ですよね。

前田選手も腹筋や体幹トレーニングには力を入れてそうですよね。

選手によってユニフォームの種類が違っていますので、お腹を出している人もいれば、隠している選手もいます。

例えば、松田瑞生選手はお腹は出していて腹筋はガッツリ割れています。

松田選手ほど腹筋が割れている女性選手は少ないと思いますが、前田穂南選手も鍛えていることでしょう。

前田穂南の性格は?

 

前田穂南さん自分の性格について「負けず嫌い」だと話しています。

また前田選手のあだ名はド根性フラミンゴ。

このド根性フラミンゴは、マラソンの実況中継でも話題になる元オリンピックマラソン代表の増田明美さんが命名したあだ名なんです。

増田さんらしいネーミングですよね!

そのあだ名の通り、前田穂南選手にはド根性があり負けず嫌いです。

マラソンは必ず途中で苦しい時間帯が出てくる競技。

そんな時に自分の弱さに負けない強い意志や根性は絶対必要です。

前田穂南選手は絶対に勝つ、やり切るというド根性があります。

日々の練習はもちろん、オリンピックで最高の結果を残せるように猛烈に努力をされています。

どんな結果であろうと、前田穂南選手が納得できる走りができるといいですよね。

前田穂南のプロフィール

名前:前田穂南(まえだ ほなみ)

生年月日:1996年7月17日

年齢:24歳

出身地:兵庫県尼崎市

身長:166㎝

体重:46kg

血液型:不明

所属:天満屋

ちなみに前田穂南という名前は、ご両親が稲穂のように柔らかい風に揺られて、優しくおっとりとした女の子になってほしいというイメージから穂南と命名されました。