アスリート・スポーツ選手

三宅宏実の若い頃は?彼氏や結婚はしてる?筋肉やトレーニングについても!

間もなく東京オリンピックが開幕します。いよいよ始まりますね。

出場される選手の皆さんには感染対策など大変なご苦労をされているかと思いますが、感染が拡大することなく無事に開催されることを祈るばかりです。

さて今日は、アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロに続く5大会目の出場内定を決めた、三宅宏見せて選手(いちご株式会社)を紹介します。

・三宅宏実選手の若い頃は?

・彼氏や結婚はしてる?

・筋肉やトレーニングについても!

調べてみました。

現在35歳の三宅宏実選手ですが、若い頃の活躍ぶりはどうだったのでしょう。

お年頃の三宅宏実選手ですが、彼氏や結婚はしてるんでしょうか。

筋肉もさぞかし凄いんでしょう、どんなトレーニングしているんでしょう。

オリンピック直前、最終チェックしておきましょう。

三宅宏実の若い頃や成績は?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ichigo(@ichigo_community)がシェアした投稿

三宅宏実選手の若い頃や成績を調べてみました。

三宅宏実選手は、中学3年でウエイトリフティングを始めています。

高校は、兄達の母校である埼玉栄高校に進学しています。

2002年8月に全国高校女子選手権53㎏級で大会記録で優勝、2003年6月の全日本選手権53㎏級で初優勝、同大会では次兄も2年ぶり4度目の優勝で兄妹優勝を果たしています。

大学は、父、伯父、長兄の母校である法政大学に進学しています。

大学ではキャリアデザイン学部で学びました。

大学入学後に、53㎏級からオリンピックで上位が狙える48㎏級に転向し、アテネオリンピック代表選考会を兼ねた2004年の全日本選手権で優勝、親子2代オリンピック出場を果たしました。

主な戦績は以下です。

・2003年 全日本選手権53㎏級 優勝
・2004年 全日本選手権48㎏級 優勝
・2006年 全日本選手権48㎏級 優勝
・2007年 全日本選手権48㎏級 優勝
・2008年 全日本選手権53㎏級 優勝
・2009年 全日本選手権53㎏級 優勝
・2010年 全日本選手権53㎏級 優勝

スナッチ87㎏、クリーン&ジャーク112㎏、トータル199㎏日本記録更新

・2011年 全日本選手権53㎏級 優勝

スナッチ90㎏、クリーン&ジャーク117㎏、トータル207㎏日本記録更新

【オリンピック】
・2012年 ロンドンオリンピック48㎏級 銀メダル
・2016年 リオデジャネイロオリンピック48㎏ 銅メダル

【世界選手権】
・2006年 サントドミンゴ48㎏級 銅メダル
・2015年 ヒューストン48㎏級 銅メダル

小柄な身体で物凄い成績をおさめているんですよね。

親子で同じ競技をやるとうまく行かないことも多い中、親子ならではの苦労などもたくさんあったのではないでしょうか。

三宅宏実が競技を始めたきっかけは?

三宅宏実選手が競技を始めたきっかけを調べてみました。

中学3年の時、2000年シドニーオリンピックを見て、女子ウエイトリフティングに感動し、自身もオリンピックを目指し、夢を追いかけたいと強く思うようになり競技を始めます。

実は三宅宏実さんの、父・三宅義行さんは、1968年メキシコシティオリンピック重量挙げフェザー級で銅メダルを獲得、伯父・三宅義信さんは、ローマで銀メダル、東京とメキシコシティで金メダルを獲得しています。

また兄がふたりいて、次兄・敏博さんは、男子77㎏級で過去4度の優勝経験がある全日本王者で、全日本女子チームのヘッドコーチを務めた経験もあります。

長兄も競技経験者、従兄弟も全日本学生個人選手権優勝経験のあるという、まさにウエイトリフティング一家なんです。

自然と同じ競技を始めていてもおかしくない環境にありましたが、やっていなかったからこそ、現在も続けていられるのかもしれませんね。

自宅の台所を練習場に、連日父・義行さんから基礎を叩き込まれ、練習3ヶ月後の最初の挑戦でいきなり42.5㎏を挙げています。

42.5㎏は、父・義行さんが高校1年で挙げた重量と同じなんだそうです。

同じくらいの年とはいえ、男女の違いがありますから、宏実選手がいかに凄い選手かがよくわかりますよね。

また宏実選手の母は音大出身のピアノ教師だそうです。

宏実選手も幼い頃からピアノを習い、子供の頃の夢はピアニストだったそうです。

中学時代は、軟式テニス部で活躍していました。

母も兄達とは違い、宏実選手には女の子らしく育てたかったかもしれません。

ウエイトリフティングをやりたいと言われた時は、ショックなどもあったかもしれませんね。

三宅宏実の筋肉がすごい!トレーニング方法は??

三宅宏実選手の筋肉がすごい!と評判、トレーニング方法などを調べてみました。

100㎏を超える重さのバーベルを持ち上げる強靭な筋肉はどのようにして、身につけられるんでしょうね。

宏実選手はインタビューで以下のように答えています。

「心地良く出来る普通の筋肉だと『伸びしろ』がなくなってしまうので、筋力をアップさせたい時は、限界まで追い込むハードな練習をします。

例えば、10本上げると最後はもう上がらなくなって来る。

もう一段階強い筋力を付けたいとなると、筋肉の繊維を破壊して、限界まで追い込まなければならないので、『もう1本、もう2本行けるよ』と自分に言い聞かせて奮い立たせる。

そうすると最後の1~2本ぐらいが「実」になる。そこからが本当の練習になる。」

「毎日筋肉を破壊してトレーニングは身体にかかる負荷が大きくなりダメージを受けやすくケガにもつながるので、続けては行わず次の日は身体を休めたり、練習を軽くしたり、強弱を付ける。

3ヶ月前くらいから試合の日にピークを持って行くようにコントロールするが、試合の日にピークが合うとは限らず、100%の状態にどう近付けるか、この競技の難しいところ」

女性ならではの体調の変化などもありますし、コントロールも難しいでしょうね。

普段のトレーニングは、5㎏の重りを後頭部に持って負荷をかけ、1セット=30セットを3回繰り返す。

つまり90回です。

背筋のトレーニングは、上半身を台に乗せて、下半身を激しく揺らす宏実選手オリジナルのもので、同じく1セット=30回を3セット。

本番の練習は、45㎏からスタートし、65㎏さらには140㎏まで上げていくんだそうですよ。

あの小柄な身体で140㎏ものバーベルを挙げてしまう姿には、ただただ拍手してしまいますね。

三宅宏実がかわいい!彼氏や結婚はしてるの?

三宅宏実選手がかわいい!と評判、彼氏や結婚についても調べてみました。

三宅選手の笑顔って素敵ですよね。

三宅宏実選手は現在、未婚で独身です。

リオデジャネイロオリンピック出場後に、「徹子の部屋」に親子で出演し、「本当は29歳までに結婚したかった」と話しています。

当時既に31歳の宏実選手は、黒柳徹子さんに「ちょっと過ぎた?」と聞かれ、「30歳がひとつの節目でもある年だったので、結婚出来たらな、と昔は夢もあったんですけれど、過ぎたので自然の流れで任せようと思います」

と答えています。

好きな男性のタイプは、「自分の意志と芯があって、ユーモアがある男性が素敵だと思います。

三宅家では恋愛の話は一切しないんです。

最近は父が『いつ嫁に行ってもいいよ』と言ってくれていますけどねと、苦笑いしていたそうです。

その一方で、運命の出会いに憧れを持っています。

韓流ドラマに出て来るようなシチュエーションの中で、彼は自分がメダリストであることを知らずに、最初のうちは普通のカップルのように関係が深まって行き、いよいよ恋に落ちるという時に自分の素性がばれるみたいな展開を夢見てもいるそうです。

乙女ですよね!

そのようなかわいらしい部分も、宏実選手がかわいいと言われる理由のひとつでもあります。

明るくいつでも前向きな姿も、男女問わず好感を持たれる理由に間違いありません。

SNSなどでも、かわいい!の声がたくさんあがっている通り、本当にかわいらしく、試合での姿が別人のようにも感じてしまいます。

結婚なども宏実選手の言う通り、自然の流れに任せて、いつか温かい報告をしてくれる日を待ちましょう。

三宅宏実のプロフィールについて

・名前:三宅宏実(みやけひろみ)
・生年月日:1985年11月18日、現在35歳。
・血液型:O型
・出身地:埼玉県新座市
・身長体重:147cm48㎏
・趣味:足のネイルアート
・好きなアーティスト、楽曲:YUKI、夢に生きて、JOY
・好きな言葉:「今できることを精一杯やる」失敗することもたくさんありますが、今何ができて何ができないかをしっかりと考え、その時にできることを精一杯やれば、必ずその後につながると信じています。
・好きな食べ物:お肉、お魚
・好きな本:酒井雄哉「一日一生」

オフなどの切り替え方法は、大好きなYUKIさんのライブに行ったり、温泉に行ったりすることでリフレッシュしているそうです。

アスリートにとって、オンオフの切り替えはとても大切なので、うまく休みも使いながら過ごして欲しいですね。

まとめ

三宅宏実選手を紹介しました。

・埼玉栄高校時代には2003年の全日本選手権53㎏級で初優勝、次兄・敏博さんが2年ぶり4度目の優勝を飾り、兄妹優勝を果たしています。

・オリンピック出場はアテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロに続く5大会目の出場となります。

・中学3年生の2000年シドニーオリンピックの女子ウエイトリフティングに感動し、自身もオリンピックを目指し、夢を追いかけたい気持ちが強くなり、競技を始めます。

・心地良い筋肉は「伸びしろ」がなくなるため、筋肉の繊維を破壊して、限界まで追い込むトレーニングに挑戦しています。10本挙げる練習で、あと1本、2本と奮い立たせ、その1本、2本が「実」になるんだそうです。

・現在未婚で独身です。29歳までに結婚したかったとも話していましたが、現在は自然の流れに任せる、運命の出会いに憧れも抱いています。

・趣味は足のネイルアート、好きなアーティストはYUKI。

・好きな言葉は「今できることを精一杯やる」

いい言葉ですよね!

4年に1回のオリンピック、5大会も出場するなんてことがあるんですね。

単純計算でも20年です。女子選手の場合、身体の変化などもあり、選手によっては結婚や出産もありますので、20年も現役を続けている選手はごく稀なことではないでしょうか。

宏実選手には是非万全の態勢で挑んで頂き、世の女子アスリートの代表的存在になって欲しいですね。

応援しています、頑張ってください!