アスリート・スポーツ選手

喜友名諒の結婚彼女や仕事は何?身長や筋肉トレーニング方法もすごい!

今日は、東京オリンピック代表を決めている、空手男子形で出場する喜友名諒選手(きゆなりょう・劉衛流龍鳳会)を紹介します。

・結婚彼女や仕事は?

・身長や筋肉すごい!

について調べてみました。

現在30歳の喜友名諒選手は、結婚や彼女はいるんでしょうか。

柔道などですと本業は道場を開いて指導者として活躍されている方も多いのですが、喜友名諒選手の本業は何をされているんでしょうか。

かなりがっしりした体格に見えますが、身長や筋肉がすごいらしいです。

どんなトレーニングをされているか、気になりますね。

喜友名諒がイケメン!結婚や彼女はいるの?

喜友名諒選手がイケメン!と評判、結婚や彼女はいるのか?調べてみました。


喜友名諒選手は、現在未婚で独身です。

喜友名選手は、目が大きく整った顔立ちのイケメンで、沖縄県出身ということもあり沖縄ならではのイケメン、間違いなく女性にはモテるはずですよね。

現在30歳の喜友名選手ですが、全日本8連覇、世界選手権3連覇など、大きな大会での実績を考えると、食事面などを含めて常にストイックでなければ強さは維持出来ないですよね。

結婚は勿論、彼女や恋愛を考える暇もないかもしれません。

彼女についても過去も含めて一切情報がないことから、脇目も振る暇もなく、競技に打ち込んで来たのではないでしょうか。

喜友名選手の練習については後ほど紹介しますが、365日練習しているんです。

そのため彼女がいてもデートする時間もないですよね。

休む時は1人でゆっくり自分の時間を楽しみたいはずです。

最近は結婚年齢も上がって来てますし、東京オリンピックが終わったら電撃!なんてこともあるかもしれませんが今のところ結婚や彼女の情報はありません。

ちなみに似ている人として、東京ヤクルトスワローズの内川聖一選手に似ているという声もあります。

喜友名諒の身長体重は?

喜友名諒選手の身長体重は、170cm78㎏です。

空手家ならではの体格でしょうか。

筋肉などもすごそうなので、一見は特に上半身はガッシリしてますが、足などは細いですよね。

筋肉がある分、体重があるといった感じではないでしょうか。

喜友名諒の筋肉がすごい!トレーニング方法は?

喜友名諒選手の筋肉がすごい!と評判です。

 


トレーニング方法などを調べてみました。

胸筋、広背筋、脊柱起立筋などの背面の筋肉、胸に至っては表も裏も美しく
これぞ「筋肉美」と言えます。

必要な筋肉を付けつつも、演武の負担にならないような筋肉量に調整されているのではないでしょうか。

プロテイン飲んで鍛えただけの筋肉ではなく、しなやかな筋肉なんです。

2021年1月13日放送の「スッキリ」に出演した際には、一番好きな筋肉は、僧帽筋と答えています。

僧帽筋は、首の後ろあたりから背中の上部、肩にかけて広がる面積の広い筋肉です。

練習時間は多い時で12時間を超えることもあり、1日の練習で3㎏以上も体重が落ちてしまうこともあるそうです。

それだけハードなトレーニングをされているということでもあります。

トレーニング自体が趣味で、365日休むことなくトレーニングしているというから驚きですよね。

筋トレに力を入れ始めた理由は、

2012年に初出場した世界選手権のパリ大会で、初めて世界大会に出場した時、外国人選手のフィジカルの強さに圧倒されました。スピードもパワーも桁違い。以後ウエイトトレーニングに励み、ようやく同じ土俵で戦えるレベルになった

と、話しています。

遠征中も朝5時からホテルでひたすら形の練習をしているそうです。

普段の練習メニュー

①ウォーミングアップ:足を動かす、ダッシュ、身体を温める。

②ストレッチ:怪我防止や縮こまった筋肉を伸ばす、筋肉を伸ばすことでしなやかさが出る型に必要なキレイな手・足さばきが行える。

③空手の基本である“立ち方”の練習:前屈立ち、四股立ち、猫足立ち、結び立ちなど複数あり、体幹を安定させた立ち方などが一朝一夕で出来るものではないので、日々の鍛練が必要。

④蹴り・突き・受けの練習:動作の早さや美しさを養う。スムーズな体重移動や身体のパーツの動かし方など細部にわたって意識しながら鍛練が必要。

掛け声も重要な要素で、「身体中に溜めたエネルギッシュを掛け声とともに一気に放つ!」
意識してやっています。

クロスフィットも取り入れていて、美人トレーナーのAYAさんがトレーナーを務めています。

クロスフィットとは、アメリカ発祥のトレーニングメソッドで、

・一定時間内に決められたメニューを何セット行えるか
・決められたメニューをどれだけ早くこなすか

を中心にトレーニングしています。

クロスフィットには、脂肪燃焼の効果もあり、10の要素があります。

心肺機能、スタミナ、筋力、柔軟性、パワー、スピード、連動性、俊敏生、バランス、正確性です。

喜友名選手の師匠である佐久本会長が「目線、腰の振り、手の入れ方など内面的なものの表現に良い」と12月から稽古に琉舞を取り入れたり、筋トレ、クロスフィットを取り入れることで、筋肉美を作り上げ、美しい演武に繋げています。

時には休みも必要にも思いますが、喜友名選手は1日も休むことなくトレーニングをしています。

12時間を超えるトレーニングを毎日やっている訳ではないと思うので、少ない日もあったり、少しでも休める時には休んで欲しいですね。

喜友名諒の仕事は何?

喜友名諒選手の仕事は、劉衛流喜友名龍鳳館の師範です。

2014年4月に道場を開き、オリンピック選手を目指す子供達を中心に師範として指導にあたっています。

幼稚園生、小学生、中学生以上など、年代ごとにクラス分けされているのでしょうか。

所属は劉衛流龍鳳会となっており、劉衛流○○○龍鳳館という道場は他にもあるようなので、いわゆるのれん分けで道場を開いている感じでしょうか。

劉衛流はもともと「門外不出、一子相伝」の厳格な流派で、喜友名選手を弟子に取ったことで名前が知られるようになります。

特別に才能を持った方や、実績を持った人のみのれん分けする感じかもしれません。

喜友名諒の経歴について

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ren Igarashi(@suiren_ren)がシェアした投稿

喜友名諒選手の経歴を調べてみました。

5歳で空手を始めます。きっかけは、同じ幼稚園の友達が空手を習っていたからだそうです。

中学時代

中学時代は、沖縄東中学校空手部に入部し、2年生の時に全国中学選手権で優勝を果たします。

中学3年生の時に世界選手権3連覇の実績を持ち、現在師範をしている佐久本嗣男さんの道場を見学、これをきっかけに世界を目指す気持ちを高めます。

当時佐久本さんに言われた言葉は、「世界一になりたければ、365日、毎日練習しなさい」で、この時から喜友名選手は1日も休むことなく練習を続けています。

喜友名選手にとってこの時が、人生のターニングポイントだったかもしれませんね。

高校時代

高校時代は、興南高校に進学、3年生の時にインターハイ出場し、3回戦進出しています。

まとめ

喜友名諒選手を紹介しました。

・現在30歳、未婚独身です。彼女の存在は過去を含めて調べましたが、見つかりませんでした。今は恋愛や結婚などしている暇がないのかもしれません。

・身長体重は、170cm78㎏です。空手家ならではの体格です。

・トレーニングが趣味で、一番好きな筋肉は僧帽筋で、長い時で1日12時間以上トレーニングすることもあります。筋トレの他に、クロスフィットや、流舞も取り入れています。

・仕事は、劉衛流喜友名龍鳳館の師範です。もともと劉衛流は「門外不出、一子相伝」の厳格な流派ですが、喜友名諒選手が弟子入りしたことで名が知られます。

・沖縄東中学校時代、全国中学選手権優勝を果たし、3年時に師匠である佐久本嗣男さんの道場を見学、世界を目指す決意をします。

・1日も休むことなく365日練習を続けています。

・高校3年時にはインターハイ出場、3回戦進出しています。

多くのアスリートは、週1くらいは休みがあって、オンオフの切り替えを行いながらトレーニングや練習を行ってます。

喜友名選手のような方はごく稀なのだと思いますが、中学時代から続けているとなると、逆に休むのも恐くなりそうですよね。

少しでも休める時間があれば、休んで欲しい気もします。

これまであまりテレビなどで放送することも多くない競技ですが、喜友名選手の美しい演武、是非見てみたいですね。

勿論、メダルも期待しています、頑張ってください!

いよいよ東京オリンピック

未だ猛威を振るっている新型コロナウイルスの感染拡大の懸念は残るままで、不安などもありますが、出場される選手の皆さんも様々な不安を抱えていることと思います。

無事に開催されることを祈ります。