有名人

関美和の夫や年齢は?出身高校や実家などプロフィールについて!

翻訳家として引っ張りだこの関美和さん。

翻訳の世界ではとても有名な方ではありますが、私生活ではどんな女性なんでしょうか?

関美和さんは結婚していましたが、離婚歴もあるそうです。

また子供はいるのかなどちょっとプライベートなことも気になりました。

今回は翻訳家の関美和さんについて夫はいるのか、年齢は何歳なのか、出身高校や実家などプロフィールについてまとめました。

 

関美和の夫は誰?離婚している?

結論から申し上げますと関美和さんは45歳の時に離婚を経験しています。

関美和さんが結婚したのは30歳の時でした。

元旦那さんはどこで知り合った人なのか、何の職業の方なのか調べてみましたが詳細は不明でした。

しかし45歳の時に離婚したということは関美和さんも申し上げています。

結婚生活15年で終止符となってまったようです。

15年という月日は長いようであっという間だったと思います。

関美和の離婚理由は?

離婚の理由ははっきりしていて、元旦那さんからの衝撃的な一言でした。

元旦那さんは関美和さんに対して「他の好きな人ができたから離婚してほしい」と

ど直球の言葉を投げてきたそうです。

こんな直球な言葉を奥さんに投げつける人がいるんですね。

好きな人ができたということは、離婚する数年前から他の女性と不倫関係になっていたのかもしれません。

そのことについては、関美和さんも触れていませんし、触れたくないことでしょう。

当時のことについては、頭が真っ白になって言葉も出なかったと話しています。

自分が翻訳の仕事を頑張っているさなか、旦那が他の女性に気持ちが傾いているとは、信じられない、信じたくなかったでしょうね。

その後離婚してしまいました。

その後元旦那はどうなったのかは不明ですし、どんな人だったのかもわかりません。

関美和さんのような素敵な女性と離婚するなんて信じられない!と思ってしまうのですが夫婦のことは夫婦にしかわかりません。

元旦那の急な離婚してほしい発言からしばらく気持の整理がつかずに、半年くらいは心が何処かにあり、仕事にも集中できなかった日々だったそうです。

しかし辛かった日々も時間が経過するとともにだんだんと忘れられるようになったのでしょう。

辛い出来事を忘れるためには時間が必要ですね。

離婚している関美和さんには子供はいるのかも調べてみました。

関美和に子供はいるの?

関美和さんは元旦那さんとの間に2人のお子さんがいます。

子供が生まれたのは、結婚してすぐだったので現在お子さんは成人されていますね。

以前あさいちプレミアムトークの番組内で、関美和さんはお子さんについても少し話してくれましたので紹介します。

長男の名前は「慶さん」で、長女の名前は「薫さん」です。

息子の慶さんは中学2年生から海外の学校に留学していました。

翻訳家の息子さんって感じですね。英語や語学力に力を入れていたのでしょうか。

また娘の薫さんは、両親が離婚したころ反抗期の娘でした。

当時のことを振り返り娘の薫さんは以下のように話しています。

離婚した母は、反抗期の自分のこともありながらも、毎日お弁当を作ってくれたりご飯を作ってくれたり大変な時期だったと思う

その時は反抗期であまり母親の有難さをわからなかったけど大人になって、その時の気持ちがよくわかるようになったんですね。

社会人になったお子さんたちですが、コロナの影響で現在は家に帰ってくることも多く一緒に生活をされているようです。

関美和の年齢は?

関美和さんは1965年生まれです。

誕生日は不明ですが、1965年生まれであれば2021年で56歳になりますね!

関美和さんの画像を見ると、メディアに出演することも多いからなのか美に対する意識が高いなと思いました。

56歳ではありますが、年齢を感じさせない生き生きとした表情が伺えます。

関美和の出身高校はどこ?

関美和さんの出身高校を調べてみましたが、詳細は不明でした。

一応福岡県出身の方なので、福岡の高校に通っていたと思われます。

関美和の実家はチロルチョコと関係してる?

関美和さんの実家は国民から愛されるチロルチョコと深い関係があります。

なんと、実家の稼業はチロルチョコを生み出した松尾製菓なんです。

関美和さんの父親である松尾喜宣さんは2代目社長となりますので関美和さんの祖父が初代社長さんでした。

現在は、関美和さんの兄である松尾利彦さんがチロルチョコ株式会社の会長をされているんです。

こちらはチロルチョコ株式会社の公式Twitterです!


そして兄利彦さんの息子さんがチロルチョコ株式会社の社長をしています。

つまり関美和さんの甥っ子が、チロルチョコ株式会社の社長をしているということで、実家や家系はすごいことが分かりました。

関美和さん自信も翻訳家として活躍されていますし、ご兄弟や実家も経営者ですごい人達に囲まれていまね。

離婚した時も養育費などの心配もあったと思いますが、実家からの援助もあったのかもしれませんね。

関美和の経歴や大学について


関美和さんは慶応義塾大学文学部・法学部出身です。

文学部と法学部両方卒業されている理由は、後に再入学して法学の勉強をされているからです。

出身は福岡なので、大学進学とともに上京されたようですね。

慶応義塾大学卒業後は、電通に就職します。

その後は、ハーバード・ビジネススクールでMBA(経営学修士)を取得。

モルガン・スタンレー投資銀行、クレイ・フィンレイ投資顧問東京支店長をするなど、バリバリのキャリアウーマンでした。

ファンドマネージャーもされていたので、元旦那さんも職場で知り合った人だったのかもしれません。

バリバリキャリアウーマンだったのに、43歳で外資系投資会社を退職。

退職したのは翻訳家になるためです。

外資系投資会社勤務ということで、当時の給料は相当もらっていたと思うのですが、それよりも自分がやりたい翻訳家の道を選んだんですね!

しかし、先ほども触れましたが45歳の時にまさかの旦那さんからの離婚を告げられました。

外資系投資会社を退職して、翻訳家として活動始めて2年だったので、まだまだ収入も安定しない時の離婚で家計も苦しかったそうです。

しかし離婚を経験した、関美和さんは法に関する知識がなかったため、法学について学びたいと思い慶応大学法学部に入学したわけです。

すごい熱量を感じました!

なぜそこまで頑張れるのか、凄すぎます。

まとめ

翻訳家として活動する関美和さんについてご紹介しました。

結婚はしていたけど、43歳の時に離婚されています。

元旦那さんはどんな人なのか画像を含め情報は出ていません。

関美和さん自信もキャリアウーマンでしたので、元旦那さんも忙しくお互い忙しい日々を送っていた中で、夫婦のすれ違いが生じたのかもしれないですね。

当時はとても苦しい日々だったそうですが、それでも前向きに新しいことに挑戦して学ぶ姿勢は本当にパワフルな女性だと思いました!

今度の活躍も応援していきたいと思います。