アスリート・スポーツ選手

奧村麻依の結婚や彼氏は?カップ数や身長体重などプロフィールについて!

女子バレーボール日本代表に選ばれた奥村麻選手。

東京オリンピックでの活躍が期待されています。

今回は奥村選手について結婚・彼氏はいるのか、奥村選手の経歴やプロフィールについてもまとめました。

奧村麻依の結婚や彼氏は?

奧村麻依選手は女子バレーボール全日本代表選手可愛いと評判なので彼氏がいてもおかしくないなぁと気になったので調べてみました。


その結果現在奧村麻依選手に彼氏がいるという情報は見つかりませんでした。

奧村麻依選手は現在独身ですが結婚の予定も今のところないようです。

現在はバレーの方が忙しくて恋愛している時間はないのかなと思います。

その奧村麻依選手は似ていると言われている有名人がいます。

まず一人目は俳優の佐戸井けん太さんです。

佐戸井けん太さんはよくテレビに出ているので見た事がある人も多いと思います。

二人の写真を見比べて見た個人的感想ではそんなに似ていないかなと思いました。

二人目はSTAP細胞で有名になった小保方晴子さんです。

あの騒動以降表舞台では見なくなったので顔を忘れている人もいるかもしれませんね。

その小保方晴子さんと奧村麻依選手の写真を見比べてみると個人的な感想ですがなんとなく雰囲気はにている?かなと思いました。

三番目はNHKアナウンサーの合原明子さんです。

個人的感想では一番似ているかなと思いました。

女子全日本のバレーの選手で現在結婚して子供がいるのは荒木絵里香選手だけで両立するのは家族の協力がないと大変かなと思うのであまり奧村麻依選手も恋愛は引退後になるのかなと思いました。

奧村麻依の身長体重カップ数は?

奧村麻依選手の身長は177cm、体重は65kg(Vリーグ公式データー)です。

奧村麻依選手のポジションはMB(ミドルブロッカー)でミドルブロッカーの平均身長は181cmなので平均より少し低いかなと思います。

 

しかし奧村麻依選手の特徴はスパイク最高到達点が298cm、ブロックジャンプが286cmで多彩なコンビバレーと相手ブロッカーを錯乱するような運動量とスピード感です。

身長が低い事を感じさせない多彩なバレーが一番の魅力になっています。

バレーボール選手のスリーサイズは公表されていませんがユニフォーム姿から想像するとcカップ以上はあるかなと思います。

奧村麻依の出身高校はどこ?

奧村麻依選手の出身高校は山口県誠英(旧三田尻女子)高等学校です。

因みに元女子バレー日本代表の栗原恵さんは全日本でも高校も先輩になります。

奧村麻依選手は中学時代から既に活躍していたので色々な高校から注目されていました。

誠英高校は春高バレーの常連校です。

在学中の2008年には同級生の大須賀咲香選手、中村亜友美選手らとともに国体優勝に大きく貢献しました。

春高バレーではベスト4進出やインターハイでも活躍しています。

奧村麻依の中学時代は?

奧村麻依選手の出身中学は山口県向津具(むかつく)中学校の出身です。

同校は全校生徒が30人、1学年13人と人数の少ない学校でした。

その為バレー部も強い学校ではありませんでした。

その中で奧村麻依選手は中学3年ですでに176cmあり地方大会でも結構目立つ選手。

中学3年の時に山口県選抜選手に選ばれ都道府県対抗の全国大会JOCジュニアオリンピックに出場、バレーの強豪高校の監督から注目されていました。

奧村麻依のプロフィール

名前:奧村麻依

ニックネーム:コウ

生年月日:1990年10月31日

年齢:30歳

身長:177㎝

体重:67kg

血液型:O型

出身地:山口県

ポジション:MB(ミドルブロッカー)

所属:デンソーエアリービーズ

尊敬している選手:大友愛さん

好きな言葉:大器晩成

奧村麻依選手の生まれ育った、向津具半島は本州の一番左にある島で海と緑豊かな場所です。

家の近所では習い事はバレーボールクラブしかなかったそうで従姉妹の影響で小学3年からバレーボールを始めました。

結果的にはそれが奧村麻依選手の才能を開花させることになったんですね。

小学校を卒業後向津具中学に入学しました。

中学1年で身長は161cmでしたが中学3年では171cmまで伸び地方大会では目立つ存在に。

小学生時代からバレーボールに打ち込んでいた奥村選手は、バレーボールの上手さは一際目立っていたんです。

強豪と言われる高校の監督から注目されており、その何校からもスカウトがありましたが高校は誠英高校に進学します。

在学中の2008年には国体の優勝にも貢献しています。

また同校は春高バレーの常連校で在学中は春高バレーベスト4に進出、インターハイでも活躍しました。

高校卒業後2009年進学のため上京し、東京都小平市の私立嘉悦大学に進学します。

同級生には佐藤美弥選手がいます。

同大学在学中は関東1部で活躍しました。

2010年4月に全日本代表選手に初めて登録され同年9月の第2回アジアカップに出場しました。

その後インカレでの活躍がきっかけになり2012年12月大学実業団JTマーベラスに内定しました。

2013年大学卒業後JTマーベラスに入団します。

2013年~2014年シーズンでは主将としてチームを牽引しV・サマーリーグで敢闘賞を受賞

2013/2014シーズンでブロック賞、新人賞も受賞しています。

 

まとめ

奥村選手はタイで培ったスピードを武器にしたこれからの活躍が期待されています。

2021年東京オリンピック日本代表選手にも選出されました。

2010年、2012年、2013年、2017年に日本代表に選出された功績を讃え山口県長門市から子供教育夢基金奨励賞を受賞されるなど、地元だは大人気となっています。

奥村選手の活躍を応援しています。