アスリート・スポーツ選手

籾井あきがかわいいけど彼氏は?下手な理由やバレー歴についても!

もう東京オリンピックまでカウントダウンですよね。

ケガは勿論、東京オリンピックは新型コロナウイルスの感染対策が心配されています。

どうか感染が拡大することなく、無事に開催されることを祈ります。

さて今日は、全日本女子バレーボール選手の注目株・籾井あき選手(JTマーヴェラス)を紹介します。

籾井あき選手は若手の選手ですが東京オリンピックの代表に選ばれている注目の選手1人です。

籾井あきさんの出身高校や中学はどこなのか?身長や下手な理由・バレー歴についても調べてみました。

籾井あきがかわいいけど彼氏は?

籾井あきさんがかわいい!話題になっていますね。

日本代表選手ってかわいい選手が多いのですが、籾井あきさんはその中でも特にかわいい選手だと言われています。

なぜならクォーターだからです。

ハーフやクォーターというだけで、日本人とは違った可愛さやオーラが出ていますよね。

小さい頃の画像もインスタにアップしていますが、それがとってもかわいいです。

こちらに1枚貼っておきますね。

これがクォーターの力なのか、可愛すぎます。

 

この投稿をInstagramで見る

 

籾井あき(@aki_1007___)がシェアした投稿

 

そして気になる彼氏の情報ですが今のところ有力な情報は見つかっていません。

籾井あき選手のようにかわいい方は彼氏がいた経験もあるかと思います。

彼氏がいたとしても、今大事な試合前で、全日本代表合宿など追い込み時期なのでバレーボールに集中していることでしょう。

出身高校の八王子実践は、男女共学でしたし高校時代は彼氏がいたかもしれません。

籾井あきは下手なの?

籾井あき選手をネットで検索すると「下手」がヒットします。

「下手」の理由を調べてみました。

全日本代表に選ばれた選手が下手なわけがないと思うのですが、「下手」と言われる理由を見つけることは出来ませんでした。

代表監督を務める中田久美さんは、あき選手について、

「若いのに勝負強さがある。長身でサウスポーも魅力。サーブレシーブが乱れて、それを無理して上げようとするとドリブルになってしまうケースが目立つが、籾井はほとんどない。安心して見ていられる。高い位置でボールを捉えるのでアタッカーも打ちやすいはず」

と、高い評価を受けています。

元全日本で同じセッターを務めた竹下佳江さんは、

「トスがオポジット(セッター対角)に偏る」ことも指摘されていますが、JTには191cmの絶対的な外国人エース(アンドレア・ドールズ)がいるので、その安定感に頼った部分もあるんでしょう」

と、話しています。

もしかすると、その「オポジットに偏る」部分が、あき選手が「下手」と言われる理由のひとつかもしれません。

今回の経験もひとつの糧として、まだまだ今後成長するでしょうし、

何よりも代表に選ばれている訳ですから、温かく活躍を見守って行きましょう。

籾井あきの出身高校や高校時代は?

籾井あき選手の出身高校は、バレーボール部が強豪の八王子実践高校です。

 

この投稿をInstagramで見る

 

籾井あき(@aki_1007___)がシェアした投稿

実は、あき選手は高校ではバレーボールを続けるつもりはなく、地元の高校に進学し、普通の学生生活を送るつもりだったそうです。

三屋裕子さん、大林素子さんなどオリンピック選手を輩出したことで知られる強豪校・八王子実践高校より熱いスカウトを受け、進学を決意しています。

あき選手は、春高バレーに1年から出場するなど、アタッカーとして活躍するも、強い球を打てずに相手の壁が高く、全国レベルではないと感じたこと、監督の助言や、先輩のケガもあり、高校2年でセッターに転向します。

役割や動きが違いますが、持ち前のやる気とアタッカーの経験があるからこそ、セッターとしての実力を発揮します。

練習方法を変えたり、海外選手の動画を見て研究したりと、努力家な一面も持ち合わせています。

高校3年のインターハイで、JTマーヴェラスより声がかかります。

チームのみんなの人柄の良さ、バレーボールに対する環境面、JTマーヴェラスの勝ちに対する姿勢などが気に入り入部を決意しています。

籾井あきの中学時代は?バレー歴について

籾井あき選手の出身中学は、相模原市立中央中学校です。

中学校では、バレー部ではなく、全く違うクラフト部に所属していました。

小学2年の時にバレーボールを始めますが、実は中学に入学する頃には、バレーボールが嫌いになり始めたのです。

一旦バレーボールから離れることを決め、クラフト部に入部しています。

事前にバレー部の関係者から声をかけられ続けようか悩み、部の方針なども自分には合わないなと思ったそうです。

個人的には、小学生の頃からやりたかったテニスを始めています。

小学生時代に所属していたバレーボールチームの練習は週6日と、ほとんど休みがなく、周囲の友達が放課後楽しく遊んでいるのを見て羨ましかったことが、バレーボールを嫌いになりかけていたきっかけのひとつかもしれません。

中学3年の時にバレー部の方針が変わり、バレーが楽しめそう!と思い入部しています。

2年のブランクを感じさせない活躍ぶりで、神奈川県大会ベスト16進出に大きく貢献、全国都道府県対抗中学バレーボール大会の代表に選出され、優秀選手に選ばれます。

2年のブランクを感じさせない活躍の裏には、相当な努力もあったのではないでしょうか。

籾井あきの身長は?

籾井あき選手の身長は、176cmです。

バレーボール全日本女子メンバーの平均身長175cm、平均最高到達点290cmの中、あき選手は285cmです。

バレーボール選手としては、いずれも平均なんですね。

普通に街を歩いたりしていたら、そのスタイルの良さや、ハーフな顔立ちからモデルさんのような雰囲気でしょうね。

籾井あきはハーフ?国籍は?

籾井あき選手は、ハーフではなく、クォーターです。

父親がスペインとペルーのハーフ、母親が日本とペルーのハーフです。

子供時代のあきさんです、とってもかわいいですね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

籾井あき(@aki_1007___)がシェアした投稿

ハーフとハーフの子供はハーフという表現をすることもあるようです。

両親の影響もあり、スペイン語を話すことが出来ます。

将来的に世界で活躍することを視野に入れれば、スペイン語が話せることは強みになるはずですよね。

高校生の時、世代別の日本代表に選出される実力を持ち合わせていましたが、ペルー国籍のため選出されることはありませんでした。

高校卒業後、JTマーヴェラスに入部を機に日本国籍を取得しています。

二重国籍を持つ方は、日本の法律に基づき22歳までにどちらかの国籍を選ばなければなりません。

日本で生まれ育ち、高校時代に日本代表に選出されなかったことが、悔しく残念な気持ちを持っていたに違いありません。

日本代表で活躍したい思いもあり、日本国籍取得を願っていたのではないでしょうか。

あき選手の場合は、日本国籍取得までに2年以上の時間かかったそうです。

随分時間がかかるんですね。

書類は日本だけでは集まらずに、海外の親戚にもサポートして貰ったとインタビューで話しています。

国籍の関係で日本代表でプレーしたことがなく、国際経験を積むことが課題とも言われています。

まだ若い選手ですから、東京オリンピックを含めて、今後たくさん国際経験をされるでしょう。

籾井あきの父母や家族について

籾井あき選手の父母や家族について、調べてみました。

父親がスペインとペルーのハーフ、母親が日本とペルーのハーフです。

父親が仕事で日本に来ていて、あき選手の母親と知り合った感じでしょうか。

日本で出会ったのか、ペルーで出会ったのかなどは明らかにされていませんが、
今後情報があるかもしれませんね。

スペインとペルーのハーフって珍しいですよね。

あき選手の肌の白さは、スペイン人の血かもしれません。

またスペインの血が入っているということは、情熱的なイメージもあります。

内に秘めた努力家、勝ちにこだわったり、バレーボールに賭ける意気込みや熱意など、情熱的な部分もあるのかもしれません。

あき選手がスペイン語が堪能なのは、家での会話はスペイン語中心なのかもしれません。

いずれにせよ、他の人にはない最大な長所だと思います。

母親の旧姓が籾井さんなのでしょう、母方の祖父母のどちらかが日本人なんですね。

籾井さんという名字も、珍しい名字で全国的には約1900人、都道府県別では福岡県が圧倒的で約1100人います。

出身地である神奈川県には約40人で、県内の同じ名字の方は親戚が多いかもしれません。

また圧倒的に福岡県に多い名字なので、ルーツは福岡県にあるのかもしれません。

兄弟の情報についても、残念ながら見つけることが出来ませんでした。

今後更に活躍して、兄弟などの情報も出て来るかもしれません。

まとめ

籾井あき選手を紹介しました。

・出身高校は、八王子実践高校です。

・春高バレーに1年から出場するなどアタッカーとして活躍しますが、強い球を打てずに相手の壁が高く全国レベルではないと感じたこと、監督の助言や、先輩のケガもあり、高校2年でセッターに転向しています。

・小学校時代のチームの練習が厳しかった影響からか、バレーボールを嫌いになりかけ、中学ではクラフト部に所属します。

・全国都道府県対抗中学バレーボール大会の代表に選出され、優秀選手に選ばれています。

・身長は176cm、最高到達点は285cmです。女子バレーボール選手の平均身長は175cm、最高到達点は290cmですから、いずれもバレーボール選手としては平均です。

・父親がスペインとペルーのハーフ、母親が日本とペルーのハーフで、籾井あき選手はクォーターになります。
国籍は日本とペルー国籍の二重国籍でしたが、JTマーヴェラスに入部を機に日本国籍を取得しています。

・母方の祖父母のどちらかが日本人です。兄弟ついてはわかっていません。

・ネットで検索すると「下手」とヒットします。下手と言われる理由のひとつに「トスがオポジットに偏る」があるかもしれません。

好きな食べ物は、いちご大福、豆腐とクォーターながらも日本人よりも日本人らしい籾井あき選手です。

クォーターならではのご苦労もあったのではないでしょうか。

まだまだ若い選手ですし、伸び代がある選手ですから、温かく見守ってあげたいですよね。

チャンスで活躍してくれることを祈ります!