アスリート・スポーツ選手

上野由岐子の金属バット折れる剛速動画は?東京オリンピック2020

ソフトボール女子日本代表の上野由岐子選手の剛速球が話題になっています。

日本は、7月25日カナダと対戦中。

先発は上野投手です。

さっそくTwitterでも話題になっている上野選手の剛速球が金属バットをへし折った動画を見てみましょう!

上野由岐子の金属バット折れる剛速動画は?

 

カナダ選手の金属バットが真っ二つになっていますね。

木製バットが折れることはプロ野球でもありますが、金属バッドが折れてしまうのって珍しいですよね。

バッターのカナダ選手もまさか折れた?という表情をされていてビックリされています。

上野選手の剛速球を打つのがやっという感じにも見えました。

上野由岐子選手は東京オリンピックでも安定した投球で、見ていてとても安心感があります。

SNSの反応は?

属バット折れる球威を投げられる上野由岐子ほんとバケモン

上野由岐子すごい

・まさにレジェンド

上野由岐子選手は、1982年生まれの39歳です。

39歳でこの活躍ぶりはかっこいいですよね。

同世代の方からも上野選手を応援する声がたくさん聞かれます。

上野選手は、サッカー女子に例えると澤穂希さんのような存在なのかなと思いました。

チームを一丸にして引っ張っていくチームの大黒柱ですね。

上野由岐子の剛速球!球速はどれくらい?

バットが折れてしまう上野投手の球速はどれくらいのスピードが出ているのでしょうか。

スピードは正直テレビ画面越しに見ているといまいちピンとこないです。

また球速は普段のプロ野球戦とは違い、テレビ画面に出てこないのでどれくらいのスピードが出ているのかわかりません。

そこでオーストラリア戦に先発で登場した上野由岐子投手の球速を調べると、112キロから114キロとなっていました。

オーストラリア戦で解説をしていた、元日本代表監督の宇津木妙子氏によれば、上野選手の投球は113キロくらいと予想されていました。

このことからも上の選手の球速は、113キロ前後で間違いないでしょう。