ゴルフ

西郷真央の父親や先祖は西郷隆盛?母親や家族構成についても!

女子ゴルフ界が熱いですねー。

若手の選手がどんどん出て来ますから、若手選手を覚えるのも楽しみのひとつになっていますよね。

今日は中でも注目選手のひとり「千葉の西郷どん」の異名を持つ、西郷真央選手(大東建託)について紹介します!

・父親や先祖は西郷隆盛?

・母親や家族構成は?

お名前は西郷さんですが、先祖が西郷隆盛なんでしょうか。

プロゴルファーの家族は、家族ぐるみでバックアップ、サポートしてくれている選手が多い印象です。

西郷真央選手の家族はどうなのかさっそく見ていきましょう。

西郷真央の父親や母親家族構成は?

西郷真央選手の家族構成は、父、母、姉の4人家族です。

父親は、雅史さんといいます。

西郷選手は5歳の時に父・雅史さんの練習に付いて行ったことがきっかけで、父が使用していたMIZUNOのクラブを手にしてゴルフを始めます。

父・雅史さんのキャディバッグに憧れを持っていたそうです。

さっそうと担ぐキャディバッグが、かっこ良かったのでしょうね。

現在、西郷選手はMIZUNOとアンバサダー契約を結んでいますが、ゴルフとの出会いはMIZUNOのクラブがきっかけということもあり、必然を感じますね。

気になる父・雅史さんは、元プロやゴルフ関係会社などではなく一般の方のようです。

趣味でゴルフを楽しんでいたり、仕事関係のお付き合いなどでゴルフをされていたのかもしれません。

具体的な職業などはわかっていませんが、ゴルフはお金のかかるスポーツ。

金銭的に少し余裕のある職業、例えば有名企業や、自営業などではないでしょうか。

年齢などもわかってはいませんが、現在50歳くらいとか、50代くらいではないでしょうか。

母の名前、年齢などは残念ながらわかりませんでした。

プロゴルファーの家族は家族全員がバックアップしたり、サポートしたりしてくれている選手が多いんですよね。

西郷選手の母もきっと食事面、栄養面などに気を使い、練習や試合の時などの送迎など様々なサポートをしてくれていたのではないでしょうか。

恐らく共働きで仕事と家事の合間を縫って、元気の源を作ってくれていたはずですよね。
年齢は父とそう変わらない、同じくらいではないでしょうか。

兄弟は、姉がひとりいるようです。

姉の年齢、名前なども、残念ながらわかっていません。

西郷選手が間もなく20歳になる年ですから、恐らく2~3歳くらい年上だとしたら、大学生か社会人なりたてといったところではないでしょうか。

姉もゴルフをやっていたかはわかりませんが、妹・真央選手の活躍を願って応援してくれていることでしょう。

西郷真央の父親はジャンボ尾崎のファン?

西郷真央選手の父親は、ジャンボ尾崎さんのファンです。

地元が同じ千葉県船橋市ということもあり、父・雅史さんもゴルフ好きですから、何かのご縁があったらと思っていたに違いありません。

西郷選手は、2018年1月尾崎将司さん主催したジュニアレッスン会に参加し、
その後ジャンボ尾崎ゴルフアカデミーに第1期生として入門しています。

実は、父・雅史さんがレッスン会に勝手に申し込みをしたそうです!

西郷選手は最初「面倒だな」なんて思ってしまったそうですが、これがきっかけとなりジャンボさんに認められ、プロ入りする道が切り開けたのですから、

父・雅史さんの超ファインプレーですよね。

レッスンには、自宅から40分かけて通ったそうです。

県外から通う方も多い中、西郷選手は地理的にも恵まれていた方ではないでしょうか。

ニックネームである「西郷どん」はジャンボ尾崎さんが命名しています。

初めてのレッスンでジャンボさんに名前を聞かれた時に、「西郷どん」と名付けられたそうです。

西郷真央の先祖は西郷隆盛?出身地は鹿児島?

西郷真央選手の出身地は、千葉県船橋市です。

ニックネームである「西郷どん」から、鹿児島県出身?と思いがちですよね。

ちなみに、西郷選手のご先祖様が西郷隆盛にゆかりがあるかどうかはわかっていません。

西郷真央の出身高校や高校時代は?

西郷真央選手の出身高校は、麗澤高校です。

麗澤(れいたく)高校は、柏市にある私立の中高一貫校で、西郷選手は中学から麗澤に通っています。

1、2年時は中学時代ほど個人戦の全国大会で好成績を挙げられなかったものの、高校2年の関東高等学校ゴルフ選手権女子団体で優勝しています。

2019年高校3年時、日本女子アマチュアゴルフ選手権競技では、ノーシードながら後にプロ入りする古江彩佳選手、安田祐香選手、西村優菜選手ら有力選手に引けを取らぬゴルフで最終日2位から逆転で優勝を飾っています。

麗澤高校は、進学校でもあり、難関国立大学や、難関私立大学への進学も多く、現役合格は何と170名以上もいる、偏差値57~64の高校です。

部活動が活発で、特にゴルフ部が強豪として知られています。

敷地内にゴルフグラウンドがあるという、他にはないゴルフに打ち込むには最強の環境の中で、西郷選手も日々練習に励みました。

著名な卒業生には、田中邦衛さん、ユニコーンのキーボード阿部義晴さんの他、多くのプロゴルファーを輩出しています。

西郷真央の中学や中学時代は?

西郷真央選手の出身中学校は、麗澤中学校です。

ゴルフの強豪校として有名で、麗澤高校とは中高一貫校で西郷選手は高校まで6年間通っています。

2014年関東中学校ゴルフ選手権個人戦で優勝。

全国中学校ゴルフ選手権大会団体戦では3年連続優勝。

2016年世界ジュニアゴルフ選手権女子13歳・14歳の部、4位タイで入賞するなど、数々の大会で好成績を挙げています。

キャンパスは美しくのびのび勉強出来る環境で有名で、入試問題は「頭の良さ」ではなく、「頭の回転」を求める独自の問題を出すことで話題になっています。

「グローバル思考で国際社会に貢献が出来る本物の叡智」が学びの特色で、英語教育、自分プロジェクト、道徳教育、言語技術教育などに力を入れ、「知徳一体」の教育に力を入れています。

プロゴルファーとして、世界を相手に戦う西郷選手にぴったりの学校なんですね。

まとめ

・家族構成は、父、母、姉の4人家族です。

・父・雅史さんはジャンボ尾崎さんのファンで、ジャンボさん主催のジュニアレッスン会に勝手に申し込みをしたことがきっかけでジャンボさんに認められ、ジャンボ尾崎ゴルフアカデミー第1期生となります。

・西郷真央選手のニックネームである「西郷どん」はジャンボ尾崎さんに名付けられました。

・出身地は千葉県船橋市です。

・ゴルフの名門・麗澤高校出身です。高校2年の関東高等学校ゴルフ選手権女子団体優勝、高校3年の日本女子アマチュアゴルフ選手権競技逆転優勝などの実績を挙げています。

・麗澤中学校出身です。年関東中学校ゴルフ選手権個人戦優勝、全国中学校ゴルフ選手権大会団体戦では3年連続優勝、世界ジュニアゴルフ選手権女子13歳・14歳の部、4位タイで入賞などの実績を挙げています。

お父さんがジャンボ尾崎さんのファンで、レッスン会に勝手に申し込んでくれて良かったですね!

そのお陰で現在がありますね。母や姉の情報なども気になりますが、西郷選手がこれからどんどん活躍して、情報も出て来るでしょうから楽しみに待ちましょう。

それにしても中学高校とゴルフに集中する素晴らしい環境で学んだのですね。
西郷真央選手、今後ますます注目ですね。頑張ってください!