Kis

子供の自転車の練習する方法は?補助輪なし6日間でステップアップ!

子供の自転車の練習って親は結構大変ですよね。

練習しようと誘っても今日はいいとか、乗りたくないとか、でもできないと子供も困りますよね。私の友人で自転車に乗れない人がいるんですが、子供の時に練習しなかったと言っていました。

自転車の練習を親も大変ですが、やっぱりお子さんが楽しく乗れるように、みんなでサイクリングに行けるようにサポートしていきましょう!

今回は私がやった、子供の自転車の補助輪なしで練習する方法について6日間でステップアップする方法をご紹介しますね!

子供の身長にピッタリサイズの自転車を選ぶ

子供の自転車の練習を始める前に重要なのが、その自転車は子供の身長や体格に合っている自転車なのか今一度確認してくださいね!

親からすると、ピッタリの自転車を買ってしまうと数年で買い替えることになるので、少し大きめの自転車が欲しいなと思ってしまうかもしれません。

しかし、幼児さんだと小学生と違い自分の身長より大きい自転車にまたがって漕ぐとうのは、かなり大変です。

なので自転車を買うときは、子供の身長にピッタリで、足もちゃんと地面にピッタリつく自転車を買ってあげましょう。

子供はこの先どんどん成長しますし、どっちにしろ同じ自転車をずっと乗るのは不可能です。

小学4年くらいなれば、体もしっかりしてきて運動能力もかなり上がるので、少し大きい自転車も乗りこなせちゃいますね!

また活発なお子さんであれば、2年生くらいでもかなり大きい自転車に乗っています。

きっとお兄ちゃんやお姉ちゃんのお下がりなのかもしれませんが、大きすぎる自転車は、見ているとヒヤヒヤしますね。

うちの娘の場合は4歳の年少の時に自転車の練習を初めましたが、乗っていた自転車はこちらの自転車です。

現在年長6歳になっていますが、まだまだこの自転車で大丈夫そうです。身長は伸びているので椅子の高さをあげて小学1年生まではこの自転車でお願いしようと思っています。

この自転車のサイズは16インチですが、娘の身長は今110㎝でピッタリです。

年少の時の身長はもう少し小さかったのですが、今とそこまで変わっていません。

実際に跨るとこんな感じです。

なので娘と同じくらいの身長のお子さんであれば、この16インチだとピッタリです。

もう少し身長が大きくて、体格もガッチリされている子であれば、18インチを買うといいですね!

身長と自転車のサイズ目安はこちらです!

14インチ 身長95~114cm
16インチ 身長101~119cm
18インチ 身長106~123cm
20インチ 身長114~137cm

 

自分より大きい自転車に乗って練習させるとどうなってしまうのか・・・

自転車に跨るのも大変だし、足がちゃんとつかないのでふらつき転倒してしまいます。

下の子は3歳で年少ですが、身長は100㎝くらいです。

16インチだと足がちゃんと地面につきません。

なので年少の息子に自転車を教えるのであれば、やはり14インチの自転車を買って練習させると思います!その方が自転車を使いこなすことができるので、早く乗れそうです!

自転車は1回乗れるようになると、大きい自転車でも乗れるようになるので、最初はピッタリサイズで練習させると以外とすんなり漕ぐことができて、乗れるようになりますよ!

子供の自転車の練習は補助輪ありと無しどっちがいいの?

子供の自転車の練習で、補助輪ありと、無しどっちがいいのかという疑問ですが、私は補助輪有りで練習させたことはないです。

補助輪を付けてしまうと、自転車のバランス感覚が掴めませんし、補助輪有りになれてしまうと、補助輪を取っていざ練習をしようと思っても中々できない、バランスが取れないということになってしまいます。

本気で自転車の練習をしようと思ったら、最初から補助輪は取ってしまいましょう!

最近はみんなストライダーに乗っている子は多いので、ストライダーに乗っているのであれば絶対補助輪は必要ないです。

ストライダーを乗りこなせている子であれば、後はペダルを漕ぐということを覚えれば乗れるようになります!

子供の自転車の練習は短期間勝負!

自転車の練習はズルズル長期間になってはよくないです。

教える保護者の方は気合を入れて、子供が失敗しても励まし、褒めて、短期間で乗れるようにしていきましょう。

短期間で乗れるようにならないと、子供のヤル気も低下し、親もまだ乗れないのか・・・とモチベーションが下がりますよね。

子供も最初は自転車に乗りたい、乗ってみたい!とワクワクしている気持ちがあります。

しかし実際自転車に跨っていざペダルを漕ごうと思っても、上手くいきません。子供は数回できなかったら、嫌だ、自転車が嫌い、別に乗れなくていいや・・・なんて気持ちになってしまうもんです。

それが長期間にもなれば、買った自転車も放置されている・・・なんてことになってしまいます。

自転車の練習が長くなるほど、子供のモチベーションは下がるばかりなので、自転車の練習を始めたら短期で乗れるようになるように練習をさせましょう!

私の場合は、冬休みを利用してガッツリ1週間程公園で寒い中毎日練習させたら、冬休み中には乗れるようなりました。

自転車の練習を始めるのは、長期休みや、3連休などまとめて練習できる時がおすすめですよ!

子供の自転車補助輪なしの練習方法

私の場合は冬休みの1週間を利用して絶対乗れるようにしようと思っていたので、この1週間は毎日公園で練習させました。

1日目の練習

子供の自転車の補助輪なしでいきなりどうやって練習させるのか、実際に私がやったことを紹介しますね。

自転車に乗る前にストライダーで、バランス感覚を掴む練習をさせました。

その後に、自転車に跨ってもらい、ペダルを上に持ってきて足で踏み込む練習をさせます。

自転車はペダルを漕いで進むということをまず理解してもらいました。

ストライダーだとペダルはありませんので、初めて自転車に乗るお子さんはペダルを漕ぐということが難しようです。

娘も同じでペダルを連続で漕ぐのが中々できませんでした。

そのため、ペダルに足を乗せて、自分で踏み込むという練習をさせたんです。

初日の練習はペダルを漕ぐ練習で終わりました。

幼児の集中力は持って10分です。短い練習時間を何回か繰り返すといいと思います。

2日目3日目の練習

2日目は昨日やったことの復習から始めます。ペダルを自分で漕ぐという練習です。ペダルを漕いで進むということが理解できたら、公園などの直線を使って、子供の体を支えながら娘に、ペダルを連続で漕がせる練習をしました。

この練習は親がとても大変です。

ずっとやると腰に非常に悪いので、お父さん、お母さん交代でやるといいですよ。私も交代でやりました。

普段はお父さんはいないと思いますが、お正月は休みだったりしますよね。その時に練習するといいですよ。

娘には、とにかく自分で連続で自転車のペダルを漕ぐことを覚えてもらうため、親が自転車を支えながら走る!!

普通に自転車に乗れるようになれば、連続してペダルを漕ぐことなんて当たり前んですが、まだ自転車に乗れない子は、自分でペダルを漕ぐという感覚がなかなか分からないようです。

娘にも何回も自分でペダルを漕いで、漕いで、漕いでと横で支えながら言ったんですが、中々連続でペダルを漕ぐことができませんでした。

この練習は2日目、3日目連続でやりましたので、腰は本当に疲れてしまいました。

子供の自転車を支えて走るのですから、かなりキツイです。

4日目の練習

2日目、3日目の練習で子供も自分でペダルを漕いで進むということが分かり、支えながらですが、自分でしっかりペダルを漕いで進むようになりました。

ここまできたら、あとは支える時間を減らし自分で自転車をコントロールして進むという段階です。

自転車はストライダーと違って重いので、いくらストライダーを乗りこなせていても自転車でバランスを取りながらペダルを漕ぐというのは4歳の娘には難しかったようです。

漕いで進むのですが、自転車の舵取りが大変だったように思います。

なので、短距離でいいので、自分で漕いでバランスを取るということをやらせました。

4日目の練習はここで終了です。

5日目の練習

4日目の練習の続きで、自分で漕いで進む距離を伸ばすということをやらせました。ここまでこれたら合格というラインを作り、なんとか子供のヤル気を出してもらうことが大事になってきます。

いくら親が練習しなさいと言っても、子供のモチベーションが上がらないとできないですよね。

そこはお菓子作戦とか、ここまでできたら今日の練習は終わりにしようとか、何でもいいので子供が自転車の練習を少しでも頑張ってくれるようにサポートです!

6日目

遂に完成!4歳の娘も自転車が1人で乗れるようになりました。最初にペダルを漕ぐタイミング取りが、時間がかかることもありましたが、それは娘に任せて、親は見守るだけです。

100m以上1人で漕げるなら、もうどこまでもスイスイ乗れちゃいますね!

とゆう感じで私は冬休み期間を利用して、娘と公園で毎日自転車の練習をしましたよ!

また乗れるようになっても数日は、公園に行って自転車の練習をさせました。

ここまでできるうようになったのは、娘の努力と頑張りです!

できるようになったらたくさん褒めてあげてくださいね!

また昨日より上手い!頑張ってる!など大袈裟に褒めてあげるといいと思います。

まとめ

今回は娘が4歳の時に自転車の練習をした方法についてご紹介させて頂きました。

何歳からでも練習はできますが、小学1年生だと殆どの子は自転車に乗れているので、1年生でまだ自転車が乗れないようでしたら、練習した方がいいと個人的には思います。

年齢が上がると、どんどんできない・・・と思ってしまいますからね。

うちは、兄も4歳で乗れるようになったので、4歳を目安に練習を始めようかという感じでした。

公園でだいぶ上手になれるようになったら、公道での自転車のルールを教えていきましょう。