話題

元アイドルXストーカー被害誰?作詞家転身は江美早苗/中里綴!爆報ザフライデー

2020年9月11日(金)の爆報ザフライデーでは、恐怖のストーカー被害が放送されます。

元アイドルXさんの恐怖のストーカー実話!ということで、ストーカー被害にあった元アイドルXの事件についてまとめました。

元アイドルXがストーカー被害!

爆報ザフライデーにて作詞家に転身した元アイドルのストーカー事件が放送されました。この標的になった元アイドルXさんは1980年、昭和の時代に活躍したアイドルです。

ストーカー被害の元アイドルXとは誰?江美早苗で中里綴!

ストーカー被害にあったのは中里綴さんことアイドル時代の名前は江美早苗さん。本名は神田恵美さんです。

江美早苗さん・中里綴さんがどんな女性だったのか簡単に紹介します。

江美早苗こと中里綴の略歴

1951年3月15日島根県で誕生。

実家は老舗旅館を経営。4人兄弟の末っ子として育ちます。

6歳の時にバレエを始めて、バレエを始めたことがきっかけで芸能界入りを果たします。

高校生の時に、東京のバレエ団に行くために親の反対を押し切って高校を退学。

昭和42年 ダンスグループ「レ・ガールズ」に参加

昭和43年 「涙でかざりたい」でソロ歌手としてデビュー

昭和46年 新婚さんいらっしゃいの初代司会に抜擢

昭和48年 中里綴の名で作詞家としてスタート

1981年昭和56年 元夫と結婚

1988年(昭和63年)3月5日に元夫からの襲撃により亡くなる。

中里綴さんはまだ36歳だったのです。

江美早苗は元夫からストーカー被害にあっていた

中里綴さんこと江美早苗さんは、元夫から復縁を迫られていてストーカー被害にあっていました。

元夫は、離婚した時から江美早苗さんに恨みを募らせるようになっていきます。

元夫は中里綴さんの自宅マンションをいつも見張っていました。屋上から部屋の中を双眼鏡で除くことや、江美早苗さんの車を釘でパンクされるなど、江美早苗さんは嫌がらせ行為をずっとされていたのです。

無言電話も頻繫にあり、江美早苗さんはそのたびに電話番号を変更するなどストーカーから逃げていました。

元アイドル江美早苗/中里綴が亡くなった原因

江美早苗/中里綴さんが亡くなってしまったのは、ストーカーをしていた元夫屋代昭彦が江美早苗さんを襲撃したからです。

江美早苗さんの当時住んでいた品川区上大崎のマンションの風呂場の窓を割って自宅に進入。

部屋で元夫の屋代昭彦に襲われた中里綴さん。

当時中里綴さんの部屋からは恐怖で叫ぶ声が聞こえていました。

部屋からは死ぬなどの声が響き、近所の住民は警察に通報します。しかし警察官が到着した時には中里綴さんはマンションの中で倒れていました。

中里綴さんの出血が多く辺りは血の海だったそうです。

屋代昭彦は、江美早苗さんを殺害する目的で進入し、牛刀や登山ナイフを振り回し中里綴さんを追い詰めて襲いかかりました。

そして中里綴さんは帰らぬ人になってしまったのです。

中里綴さんが襲われて亡くなってしまったマンションは解体され、現在は別の構想マンションに建て替えられました。

スポンサーリンク

江美早苗の元夫は誰?

江美早苗さんの元夫は、音楽プロデューサーの屋代昭彦という人物です。

屋代昭彦と江美早苗さんは、江美早苗さんがソロデビューする時に出会います。

音楽関係者でまたプロデューサーもやっていた屋代昭彦は、江美早苗さんから見ても仕事ができる大人の男性に見えたのでしょう。

屋代昭彦は江美早苗さんよりも14歳年上です。

江美早苗さんが、中里綴として作詞家に転身した後も活動を支えていたのが、屋代昭彦でした。

2人は8年間も交際をしていて、その後1981年昭和56年に結婚しました。結婚する時も江美早苗さんの両親は反対していましたが、それを無視しての結婚でした。

屋代昭彦は妻子持ちだった

結婚した夫屋代昭彦には既に妻子がいました。しかし1972年に妻が自殺してしまいます。

その原因は江美早苗さんではないかと当時も噂されていました。明確にはされていませんが、屋代昭彦と江美早苗さんは不倫関係だったのではないでしょうか。

結婚生活を始めてからしばらくすると、作詞家としての才能が目覚めた中里綴さん。中里綴は、有名アーティストの作詞も担当するようになります。

中森明菜さんや、堀ちえみさん、少年隊など当時大人気だった歌手の作詞もしていました。

中里綴さんはどんどん作詞家として売れていきましたが、一方夫の屋代昭彦は音楽プロデューサーとしての仕事も減っていきます。

支えていたはずの中里綴さんの方がバリバリ稼ぐようになり有名人。夫は仕事もなく夫婦格差も。そして夫婦の間はだんだんと冷え切った状態になったのです。

そして協議離婚が続き遂に1985年に離婚が確定したのです。

中里綴さんの結婚生活は4年で終わってしまいましたが屋代昭彦とは8年間も交際していたので、12年間も一緒に過ごしていた関係でした。

交際中は順調だったのに結婚して、何かが変わってしまったようです。

また屋代昭彦は離婚はしたくなかったのでしょう。ここまで中里綴さんを育てて、支えたのは自分だ!という強い思いがありました。

しかし江美早苗さんは、中里綴として作詞家として、新しい人生を歩み始めていて、仕事も楽しく、頼もしかったはずの屋代昭彦が急に冴えない夫に見えてしまったのかもしれません。

逮捕された屋代昭彦は「感情のもつれから憎しみがあり、犯行に及んだ」「離婚されて憎しみが募った」と話しています。

過ぎ去ってしまったことを言っても仕方ないですが、屋代昭彦との結婚は中里綴さんの両親も反対していましたよね。

もし両親の言うことをちゃんと受け入れていれば最悪の結果にはならなかったのかもしれません。

まとめ

爆報ザフライデーの元アイドルXさんは江美早苗さんで、作詞家に転身した中里綴さんでした。

当時はストーカーといっても、今より認知もすくなく中里綴さんも大変恐怖の中生活をされていたのではないでしょうか。

美人女優Oは誰で名前は?ストーカー被害爆報ザフライデー!9月11日(金)に放送された爆報ザフライデーでは、ストーカー被害事件が特集されています。 過去にあったあの衝撃的なストーカー事件の...