皇室

紀子様の実家の今は?母親や父親の現在についても!

長女眞子さまのご結婚が2021年内かと報道されていますが、本当にご結婚されるのでしょうか。

眞子さま問題は何よりも心配事だと思いますが、紀子様自信についてもどんな方なのか気になりますよね。

紀子様も一般家庭から皇室に嫁いだ女性です。

一般家庭から皇族となった紀子さまの実家やご実家の両親はどんな方なのか今回はまとめました。

紀子様の実家はどこにある?

紀子様の実家についていくつか情報がありましたのでご紹介します。

一つ目は、紀子様のご実家は現在赤坂御用地の中にあるとの情報がありました。

赤坂御用地は、東京都港区赤坂にあります。

この場所には皇室関連施設がたくさんありますが、秋篠宮邸・三笠宮邸・三笠宮東邸(旧寬仁ともひと親王邸)・高円宮邸も一緒にございます。

これだけの皇族の施設が固まっている場所になるので警備やセキュリティーもガチガチなのが想像できます。

赤坂御所には、天皇皇后両陛下と愛子様もお住まいでした。

現在は、赤坂御用地を離れて天皇皇后両陛下と愛子さまは皇居にお引越しされています。

赤坂御用地はとにかく皇族が住んでいる場所という印象が強いのですが、その一角に紀子様のご両親である川嶋家も住んでいるとの情報があります。

本当なのか詳細は不明ですが、もし本当であれば週刊誌などがあれこれ噂話を公開していると思いますが、そのような情報は見つかりませんでした。

いくら紀子様の実の両親とは言え、秋四宮家や、天皇皇后両陛下がお住まいの赤坂御用地に一般人の川嶋家が住むのは難しいのではないかと思います。

皇后雅子さまのご両親は、目黒区にお住まいですので皇族ではない方は赤坂御用地には住めないのが普通ですよね。

よって、紀子様の実家が赤坂御用地の中の一角にあるというのは、信じられないなという印象です。

紀子様の実家は今も団地?

紀子様がまだ学生だったころ、川嶋家は団地にお住まいでした。

そのことから、紀子様は3LDKのプリンセスと当時マスコミは呼んでいたんです。

この団地というのは、父親の教員住宅だったので家賃もお安く住んでいたのでしょう。

その教員団地ですが、現在は取り壊されてしまっています。

そのため、紀子様のご両親は既に別の場所で生活をされているのは間違いないでしょう。

紀子様の実家は現在どこに?

赤坂御用地でもなく、学生時代に住んでいた教員住宅でもなければ現在実家はどこにあるのでしょうか?

雅子のご実家は東京都目黒区の豪邸となっていますが。紀子様の実家の場所については詳しく報じられていません。

しかし皇族に嫁いだ娘のことはいくつになっても心配しているのがご両親だと思います。

いつでもすぐに会える関係ではありませんが、それでも近くで何かあったときはすぐに会える場所に住んでいると予想されます。

何しろ紀子さまは一般人ではなくて、皇族になってしまったのでいくら親だからと言って気軽に会うことは難しいです。

会うことは難しくとも娘の近くにせめて居たいというのが親心。

となれば、赤坂御用地の近くか都内在住ではないでしょうか。

また、眞子さま、佳子さま、そして悠仁さまが孫になりますが、これもまた一般的な孫と祖父母の関係は全く築けないので紀子さまの実家の両親も複雑な気持ちになってしまいますよね。

紀子様の実家はお金持ちだった?

ネットの噂にはなりますが、紀子様の実家はお金持ちだったとも言われています。

その理由の一つが紀子様の父親の仕事です。

紀子様の父親の川嶋辰彦さんは、学習院大学で長年教授をされています。

・1973年  学習院大学経済学部助教授
・1976年  学習院大学経済学部教授
・1994-1996年 学習院大学東洋文化研究所長
・1997-2011年 学習院海外協力研修プログラム(GONGOVA)企画・実施責任者
・2011年~学習院大学名誉教授

27歳の時に学習院大学経済学部助教授になってから、かれこれ50年以上学習院大学の教授として仕事をされています。

2021年現在も、学習院大学名誉教授をやっていました。

父親の仕事が大学の教授ですので、なんとなくお金持ちというイメージを世間は持ってしまったのかなと思います。

しかし紀子様の実家は、紀子様が結婚されるまでは父親の教員住宅に住んでいました。

その教員住宅は団地でしたので、やはりお金持ちというイメージは出てきません。

ご実家の両親は、謙虚な生活を送っていたようで、生活に余裕があったとしても派手な生活は望まなかったのではないでしょうか。

父親の仕事の関係で幼少期は、アメリカやウィーンに住んでいた経歴をお持ちですが、あくまでも父親の仕事で海外に行っていたというだけです。

紀子様の実家も一般家庭と同等の暮らしだったと思われます。

紀子様のご両親はどんな人?父親・母親について

紀子様の父親は先ほども紹介しましたが、川嶋辰彦さんです。

川嶋辰彦さんは、東京都出身で内閣府統計局長の次男として

生年月日は1940年4月20日に生まれました。現在81歳です。

学習院大学の名誉教授でありながら、経済学者、国土交通省専門委員もされています。

出身大学は東京大学とペンシルベニア大学です。

東京大学経済学部卒業後に、東京大学大学院経済学部に進学、その後ペンシルベニア大学院に進んでいます。

紀子様の父親の経歴や学歴、職歴を見ると、すごい人でした。

幼少期から、テレビを見るくらいなら自分のために時間を使うようにと子供に伝えており、紀子様の実家にはテレビがなかったそうですよ。

紀子様の母親はどんな人?

紀子様の母親の名前は川嶋和代さんです。

(旧姓杉本和代さん)

1937年生まれで2021年現在84歳です。

父親の川嶋辰彦さんより、3歳年上です。

学歴は昭和女子短期大学を卒業しております。

この時代に女性が短大に進学しているというのは、学業に力を入れていた家庭だったことがわかりますよね。

短大時代に、夫の川嶋辰彦さんと出会っています。

卒業後、和代さん地元の企業に就職。

川嶋辰彦さんとは、遠距離恋愛となりますが数年後にご結婚され昭和41年に紀子さまがご誕生しました。

結婚し紀子さまが生まれた後は専業主婦になっています。

まとめ

紀子さまの実家は現在どこなのかは明らかにされていません。

ですが父親の川嶋辰彦さんも、81歳という年齢ですが学習院大学名誉教授です。

となれば、やはり学習院大学の近くや紀子さまや秋四宮家がある赤坂御用地の近くに住んでいるのが妥当でしょう。